TOP > IT・テクノロジー > AV Watch > CDなのにハイレ...

CDなのにハイレゾ? 普通のプレーヤーで聴ける「MQA-CD」登場。リッピングも - AV Watch

32コメント 登録日時:2017-03-21 00:05 | AV Watchキャッシュ

中林暁2017年3月21日 00:00 176.4kHz/24bitのMQAフォーマットで収録した世界初の音楽CD「MQA-CD」が3月17日に発売された。「ハイレゾのMQA形式だが、MQA非対応のCDプレーヤーでも聴ける」という新たなCDの説明会が17日に開催。MQAのチェアマンであるボブ・スチュワート氏や、制作したUNAMASレーベルのMick 沢口氏が、高音質の仕組みな...

Twitterのコメント(32)

ほー。1枚買えば普通のCDプレイヤーでも対応機でもそれぞれ再生できる仕組みやプレスにあまり追加コストかからないのは普及に有利だし、流行るとよい。簡単な技術解説探してみよ。 /
ハイレゾが普及するかも?
しかもユニバさん契約と?
Perfume ハイレゾ化もあり得る!w
@avwatch 「ハイレゾのMQA形式だが、MQA非対応のCDプレーヤーでも聴ける」という新たなCD
CD EXTRAのデータ領域にハイレゾファイル(MQA)置いただけかな? それともハイブリッドSACDみたいに二層にしてる?? / で、ハイブリッドSACDと比べて優位な点は何? /
これはCDDAと呼べるものなのかな?
こう言うのええな -
アイデアは悪くないけど結局ハイレゾ聞こうと思ったら金かかるので、普及するのか微妙かと。
いいことしか書いてないものには注意しようと思います。>
非可聴帯域に高い周波数分を入れてるってことなのかな>
これは浸透しないな…
「MQA非対応プレーヤーの場合は、通常のCDと同じ44.1kHz/16bitで再生する。」ん?
どうやってんのかな?
CDにハイレゾ、実現したのか。こういうのが出てこなきゃハイレゾは普及しない。
DSD層のリッピングが出来るハイブリッドSACDって感じ?(正確には違うけど)
これは気になる。
これは夢が広がリング!
新しいフォーマットが出るたびに、対応プレーヤーの心配をしなくちゃいけないのがちょっとなー…オーディオ沼にははまらないゾ
『 普通のプレーヤーで聴ける「MQA-CD」登場。リッピングも』これは素晴らしい!
ハイレゾ部分を聴覚可能な周波数のノイズ部分に変換し非可逆圧縮してWAV形式で記録し普通のCDとしても聴けるようにしたか。巧妙なやり方だ。普及はどうか?
普通の再生機でも高音質で再生可能というのは良いけど、サンプルレート落としての再生だからねえ、、。
ハイブリットSACD..
うわあ
また金がかかるな。
正直DSDはPCMに比べて期待したほど音が良いと思わなかったのでMQAには期待。
いまさら新しい規格をだすのか…。SACDでじゅうぶんでしょうに。 / (1 user)
CDの4倍のサンプリング数かぁ
ハイレゾメディアってことごとく失敗してきたけど・・・
別にCD買いたいわけじゃないのよ。売ってないの、ハイレゾが。
@avwatch

一度聴いてみたいね
MQAフォーマット176.4kHz/24bit
この半端な数字には何かあるんだろうね
何気にスゴイかも
ホンマなら画期やで
聴いてみたい。 ⇒
以上

記事本文: CDなのにハイレゾ? 普通のプレーヤーで聴ける「MQA-CD」登場。リッピングも - AV Watch

関連記事

画像で見る主要ニュース