家を建てる前に地の人間に災害のリスクを聞かないからこうなる

15コメント 登録日時:2018-07-11 11:54 | はてな匿名ダイアリーキャッシュ

今回の水害で俺の故郷も被災してるんだけど、車がダメになった・二階まで浸水したみたいな被害を受けてるのは軒並み新住民の団地なのね。あの…...

Twitterのコメント(15)

人間に聞かなくても、ブラタモリ方式がある。地形を知る。地名を知る、特に昔の地名に沼とか田とか谷とか入ってるとアレって思うとか
買わない以外の選択肢が見えない。
@oreyoshi これ書いてる人の意地が悪いけど誰が悪いかというと業者さんの方針やと思う~
東京ですら聞く話だからなー。おれが建てた家は地元の不動産屋を何件も回って聞いた昔からの住宅街で、となりの新興住宅街はもと田んぼだっていってたからなあ。 /
本来、こういうことを自己責任として扱わないための都市計画なんだけどね。行政はホント何やってるのだろう。まあ武蔵小杉とか見てても、都市計画という概念が現代日本の行政にあるような気はしないけれどね。 / "家を建てる前に地の人間に災…"
調べれば調べるほど家買えなくなるから(東京は特に)調べすぎもね。
いい土地は地主が抑えているのだ。庶民には買えないのだ。
"タイトルで「地の人間に災害のリスクを聞くべし」みたいなこと書いたけど、よく考えると普通に聞いても教えてくれんわ"じゃあどうしようも(´・_・`) /
不動屋さんはあなたの味方の顔をしているが、人生の味方までしない。いま売れればあとは知らない。災害に合おうが、土地が崩れようが。転職情報や企業からの情報に近い。 /
今はハザードマップという便利なものがあるから、今後はリスクヘッジの1項目として認知されていくんだろう。 /
その土地の人間なら買わない(リスクが高いから避ける)土地が新興住宅地で売りに出されてるの、覚えがあり過ぎる。>
悲しいかなあるよね、コレ。冠水しやすい土地、地盤が緩い土地などなどとんでもないところに盛り土して分譲作ってるの見ると「うわぁ…大丈夫か、ここ?」ってよく思う。いい土地は手放さないもんね、みんな… / "家を建てる前に地の人間に災…"
災害だけではないぞ。校区とか土地柄とか、ぢぐらいとか調べることは沢山有る。不動産屋は分かった上で売っているし、価格にも大体反映されている。 /
神社の種類と位置で推察する話があったよね
河川の改修とかやってないわけでもないし、何十年も前と同じではないと思ってもそんなに不思議でもないような。 /
いい場所は手放さないものな。土地情報の大島てるが求められている /
以上

記事本文: 家を建てる前に地の人間に災害のリスクを聞かないからこうなる

関連記事