猫を看取った話

11コメント 登録日時:2018-02-13 00:14 | はてな匿名ダイアリーキャッシュ

昨日。晩ご飯の買い物から買って帰ってきたら、ベッドの下から「にゃあ」って声がした。昨日まではちゃんと玄関まで迎えに来れてたのに。ベッ…...

Twitterのコメント(11)

リンクされてる過去の日記も読んでめちゃくちゃしょんぼりした。猫欲しいって思うこともあるけどやっぱ無理だー……
読まなくても泣ける
俺はもう実家を出てたので、仕事が終わる頃には訃報が。数日前から危ないって話を聞いてて、覚悟はしてたけど、遺体と対面した瞬間にドワァ〜ってなった。側にいてやれなくてすまなかったという気持ちが未だにある。 /
きっと幸せなネコの一生 /
ちょっと先にあっちの様子を見に行ってるだけだ。すぐ会えるよ。あっちで。 /
猫を飼ってる身としてはなんとも言えん。ももにゃんが死んじゃうことを想像すると、とても悲しい気持ちに包まれる。生きてるうちにいっぱい可愛がらないと。幸か不幸かいまニートだし、ずっと一緒にいられるし。 /
こんなに覚悟をもった方のエピソードでも泣いてしまう
ホントこれなぁ。
どうしようも無いことなんだけど、来てほしくない瞬間ではあるよね。

うちの子たちも歳をとってきた。
リパさんの顔を見て安心して佐一のひざの上で最期を迎える猫
仕事で猫を看取れなかったのは一生の悔いになってる /
: 昨日。 晩ご飯の買い物から買って帰ってきたら、ベッドの下から「にゃあ」って声がした。 昨日まではちゃんと玄関まで迎えに来れてたのに。…
以上

記事本文: 猫を看取った話

画像で見る主要ニュース