研究者、諦めました

39コメント 登録日時:2017-06-09 05:56 | はてな匿名ダイアリーキャッシュ

アーカイブカテゴリーキーワードヘルプ ようこそ ゲスト さん ログインユーザー登録はてな匿名ダイアリー | 何で自分で勝手に自分... 2017-06-08■研究者、諦めました 研究者になりたかった。昔から探求心旺盛で、虫眼鏡を持って空き地を歩いたり、図鑑を端から端まで読んだりして、気づいたら研究者が夢になっていた。中学校に上がって嫌がらせにあっても、(自分には夢がある、こいつらに潰されてい...

Twitterのコメント(39)

- はてな匿名ダイアリー
これ書いたの自分じゃないかと思っている。 /
この挫折感、苦悩、いいんでないかい?それこそが青春だし、そういうことで懊悩出来るいい人生だと思うなあ、羨ましいですよ、オッさんは。
学部3年なんですよね?そこで気がつくならばまったく遅くないです。私もわかっていることをまとめて満足してしまう悪癖がありますが、まあなんとかやってます。あまりご自分の可能性を狭められないように…。
この方にとっては研究者がゴールだったのか(・・?)
↓ENTPってなんやねん?って思ってググったが
こんなもん信じるヤツはそりゃ研究者に向いてないわww
この増田を読んで、まぁ、この意識以下で研究者やってて論文も出しゃしないって人もいるだろうから、研究者になってもいいんじゃないの、と思うけれど、周りの状況をしっかりわかった上で、さらに矜持の問題だしね。
これの逆もあるだろうな。「既知の知識(のうちの細かい部分)はどうでもいいから新たな知見を得たい」というタイプ。これまた研究者には向いていないのかもしれないが。
前に八代さんに教えてもらったURAには向いてるのではないかしら。
要約すると「特定の分野における明確な問題意識とその問題に対する新規なアプローチを見出す能力のない人は研究者になれない」ということ…?なんと酷な話だ。
追記も含めてよく分かる ボク自身そうだったから。。。
やってみて合わないと気付くのも大事な学びだよね。自分に合わないことを知っているのも大事だと思う。大学の教員を10年以上やってやっと諦めがついたような私に比べれば,学部生で気付けたのはむしろ早いくらいだと思う。

受験して1年間、生きたかったところで研究してみてから決めても全然遅くないのになぜそのタイミングで……という思い。 /
学部3年レベルでテーマ設定できるのは超人の類いなので、まだ諦める必要まったくない…… |
大学改革に関わる暗い話かと思ったら、学部段階で研究とはこういうものだとか狭く考えて、自分にはそれが無理だからあきらめる、というのはどうも。むしろ学部でそんなん持ってると思えるのは傲慢でしょ、ぐらいの感じ。
「なぜ」諦めたのかという部分が他の人にも分かるように説明されてない気が
あと、別れ話は悲しいばかりではなくて、一種の爽やかさもそこにあると思うのだけど、この話はそれがない
これはまだ続くな。終わり方は自分では選べない、良くも悪くも
分野によってはある程度適性があるのかもしれないけど、泣くほど未練があるなら全力で向かっていって、ボコボコに叩きのめされた後に諦めても遅くないと思うけど
気づくのが遅いなんてことはない。沢山寄り道してまた研究したくなったら戻ってきたら良いのさ。型にはまらなくてよい /
才能がないって気づいてから、意地汚く残るのもまた人生と思っていたり [link]
文を読んだ感じ、しっかりしてる人だから研究以外の道でもやっていけるのでは
問題意識なんて後から付いてくるものなんだから全然大丈夫と思うが、むしろ教授の言うことを丸まま受け入れてしまう素直なところに向いてなさを感じる。
適性があるかないかではなく、やりたいことをやった方が良いと思うが。→
コメント欄やさC
大学生辺りまで「研究者が夢」は「研究が夢」ではないことが多い。子供が野球選手に憧れるのと同様にスター研究者自体に憧れ、単に彼らのように自分も凄いことをして歴史に名を残したいと高揚するのは、極普通の健全な若者の気持ちとも言える。
諦めたというよりは飽きた、あるいは執着できなかった
学部3年で向いてないとわかる?まだ研究のkの字も始めてないことに対して向いてる向いてないとかわかんないと思うけど。大学生なんて自分のやりたいことをひたすらにやればいいと思うけどなあ、ただ勿体無い。
これで諦めてしまうというのには驚いたが、「アイデンティティの損失」にもちょっと驚いた。
いや、良くそこで気付けた…/
中身はともかくコメント欄が文字通りの天国と地獄。
判断するには早すぎる感じもあるけど、そもそも自分がなぜ研究者の道を断念したいかを言語化できていない気がするね。(この文章からでも推測はできるが、本人には自覚がなさそう)
「ある教授とお話させていただいた時、「君の問題意識はどこにあるの?」と聞かれ、はじめて気づいた。」 /
問題意識ってなんだ……
読んで見たけど諦めた理由がよくわからなかった。
増田のこのあまりの見切りの早さこそが気にかかる特質ではある。向いてないかは知らない。学部生の頃に分野最大級の大御所に向いてないって言われた自分が今研究者やってるくらいだし、向き不向きとかあてにならん …
問題意識なんて後からでも良いと思うけどね。研究者に向いてないと思っても研究が好きならURAとか雑誌のエディターとかになってくれたらいいのに。うちに来たら相談乗るのになー、と思ってしまう。
なんでやってもないことを無理とか向いてないと思えるのか。同じこと突き詰めずに、たくさんつまみ食いしてるような研究者もたくさんいることになぜ目を向けないのか。 /
んなこたあないw 自分の話で恐縮だけど、似たような気質で、サラリーマンしながら古語研究してる。あとおそらく日本で唯一の本格的な山際淳司研究者だぜw 長く続くもの、きっとにょきにょき生えてくるよ! /
学際的アプローチってダメなのかな。 /
以上

記事本文: 研究者、諦めました

関連記事

画像で見る主要ニュース