TOP > エンタメ > amass > 新しい高品位のア...

新しい高品位のアナログレコード「High Definition Vinyl」 2019年にも市場へ - amass

23コメント 登録日時:2018-04-12 05:39 | amassキャッシュ

音質、音圧、録音時間を向上させた、新しい高品位のアナログレコード「High Definition Vinyl(HD vinyl)」が、早ければ2019年にも市場に流通する可能性があるようです。豪州の新興企業はこの技術に約5億円の投資を受けています ...

Twitterのコメント(23)

愛好家歴もうすぐ40年の者の意見 -

アナログレコードはある種「ローテク」で「レトロモダン」なとこが魅力なのであって、無理やりテクノロジーアップデートをかませる必要はないと思うが
欲しいか?
SACDと同じ末路を辿るような。
つまり「原盤」をコンピュータ上で3Dモデリングするってことみたいだけど、と言うことは音源は必ずデジタルを経由するわけね。
>
ちょっと聴いてみたい♡
Vinyl」2019年にも市場へ。
アナログなのか??
これは興味ある
レコードプレイヤー持ってないけどw
なんかアナログ盤にすごいのが出てきた。
そろそろS◯NYが別規格品を出そうとアップしてませんか?
面白そう! 従来のプレイヤーで再生可能なんだろうか?
アナログレコード、死なないどころか、進化するってわけだ。
HDリマスター盤とかいって、レーベルはまた旧作を食い物にし続けていくわけか。
これってもしかしたら全てのレコードを買い直さなくちゃならなくなるかも…
レコードが作られなくなって、CD時代になった80年代の終わりくらいにタイムスリップして、「2018年の未来から来ましたが、やがてまた、レコードが復権するから、処分するなよ~。」と言って、ふれ回りたいです。
価格はどの位を想定してるのかな…
音聴いてみたい。
ハーフスピードカッティングとかDMM方式より音が良いのかね。
従来のプレーヤーで再生可能なのは面白い→
の新着ニュース
以上

記事本文: 新しい高品位のアナログレコード「High Definition Vinyl」 2019年にも市場へ - amass

関連記事