TOP > 政治・経済 > アゴラ > 豊洲市場に関する...
12コメント

3月19日、豊洲市場の土壌汚染対策等に関する専門家会議の第5回が開催された(資料はこちら)。そこで地下水モニタリング調査の再調査の結果が明らかになった。前日にはマスコミに一部情報がリークされていたように、「最大で基準値100倍のベンゼン」という結果であった。この結果を受けて「やはり豊洲市場は汚染されているのか?」という不安の声が出てきているが、私の結論は全く逆である。 再調査の結果によって、豊洲市...


Twitterのコメント(12)

" "

のである。
再調査でも8回目以前と同様なサンプリングしなかったのかorz。測定法としては問題ないかも知れないが、データ比較は出来ない。第9回測定の妥当性検証が必要なら両方の方法でやるべきだった/
@SherryChiyohime そもそもあなたは地下水管理システムの存在をお忘れですか?地下水管理システムが今後地下水を浄化するんですよ?
@MizumoriMidori @t_ishin
揮発しても全く影響のない濃度ですよ。
ほれ!言い訳考えるより、人のせいにするよりも、サッサと前に進まんかい!!
汚染の除去に失敗したわけでも無い。汚染対策は土壌汚染対策法が定めた安全基準をしっかりと満たすレベルに対策されており、舛添前都知事が宣言した安全基準を十二分に満足している。
安全かどうかは基準の話で科学の話ではないし、基準も環境基準でやると言わなければ進まなかったようなものを、変えたから問題ないですって態度がダメなんだよ。
小池知事の政治的パフォーマンスに利用された感しか思えなくなったな。

– アゴラ
小池と共産党がまき散らす害毒の方がはるかに有害。
小池知事にこの小論を理解する能力があるか、これまでを見るとかなり絶望的である。
僕は気持ちは築地存続派。でも豊洲に移転した方が良いと思う。
風評被害ってコトバ、知ってるか?
安全性に問題はないというのが科学的立場。

ただ大失敗は地下水管理システム設計の大失敗。水面管理は帯水層ではなく、上部の破石層での水面管理するべきだった。技術会議が一番問題。
以上

記事本文: 豊洲市場に関する科学的な安全は完全に決着がついた – アゴラ

関連記事

27コメント 2017-02-14 07:38 - www.nikkei.com

東京都は豊洲市場(江東区)の建物について、建築基準法にもとづく構造上の安全性を確認した。法令に適合しているかどうかを調べる都の建築主事が昨年12月28日付で、安全性を証明する「検査済証」を、小池百合子知事に交付した。 都が検査済証を交付したのは豊洲市場の3つの街区の建物。豊洲市場は昨年11月に築地市場(中央区)から移転する予定だったが、小池知事が延期を決めた。その後、建物の地下にあるはずの盛り土…...[続きを読む

画像で見る主要ニュース