日本の科学技術「力が急激に弱まった」 白書を閣議決定:朝日新聞デジタル

406コメント 登録日時:2018-06-13 06:42 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(406)

いまさら感。さんざん冷遇しといて成果が上がらないとか当たり前。
「首を締めたら動かなくなった」並みのコメントだぞ。
「白書は大学に対し、会議を減らして教員らが研究に割ける時間を確保することなどを提言。」 お、おぅ…
科学技術の低下→経済の悪化→生活水準の低下→犯罪の増加という連想をいつもしてしまう。遠回りだけど、自由な基礎研究が許されるかつての研究環境を取り戻して欲しい。
これもまた独法のわるい影響かと。 /
民主党政権の事業仕分けで助成金をカットしたことも大きな要因だろうな
>白書は大学に対し、会議を減らして教員らが研究に割ける時間を確保することなどを提言。
まずは大学を支配しているところに言ってくれませんか?
/
・AO入試の積極的な推進
・大学院重点化計画で博士課程神学者を無計画に増加させる
・ポスドクが溢れているにもかかわらず、文科省からの天下りを組織的に斡旋

などなど、理由は明白すぎるような。
"白書は大学に対し、会議を減らして教員らが研究に割ける時間を確保することなどを提言。政府には研究への十分な投資や、(中略)「環境の整備」などを求めた" これがちゃんと実行されれば良いけど。 / "日本の科学技術「力が急激に弱まっ…"
弱くなって当然としか /
そりゃこれだけ研究者の時間と体力を削ぐようなシステムと状況を作れば当然のことだよ。とは思う。
弱まったとかいう他人事じゃなくて、「目先の利益を追え、稼げる研究をしろ」という経団連の尻馬に乗って行なった政策の誤りを反省すべきでは。
せ、せやな... /
金がないからああでもない、こうでもないと会議が減らないんだと思う。
実力のある人より、忖度や媚び売る人の方が評価される世の中だからね。当然のことなんじゃないの。科学技術だけじゃなく、役所や会社も日本はガタガタさ。 /
何が"急激に"だよ、徐々に死んできてるだけだろ。 /  白書を閣議決定:朝日新聞デジタル:
(前から言ってるが)どうして日本衰退以上のスピードで日本の科学技術が衰退してるのか。それは政策の失敗、特に大学行政の失敗なのだが、未だ経済団体の長や元文科相が白痴の方が上等という有様の見解を示している / "日本の科学技術「力が…"
広く知られる学術界の変化と言えば、大学の法人化だよね。それ自体が間違っていたと言うより、よく言われる成果主義の導入が間違っていたのでは ⇒
国が率先して研究費削減、特定分野のみの待遇政策してんだから分かり切ってることでしょ
誰のせいだと思っているのか?アベ政権の大学政策の結果だろう。
「力が急激に弱まった」というよりも、20年ぐらいかけて積み上げてきた数々の"改革"の結果がやっと表面化した感じがする。 /
んなもん金もないし報酬や見返りが日本じゃ望めんからそうなるわな
慈善事業や趣味でやってるわけじゃねんだからほとんど
金を蒔かない政府、とりわけ財務省が悪い。こんな組織はとっとと廃止しろ。もっと金を蒔いて蒔きまくれ。
文科省の成果が順当に出ましたね!
マッチポンプ(ただし消火出来てない) /
研究に十分な時間が取れないので是正を図る。科研費の使われ方も問題。理系を強化し無駄な文系学部(定員も含め)を減らす。
縁故主義と企業利益優先が足元から国を"緩やかに"亡ぼすのだなと思う。平等性を確保しつつ教育と研究に金を注ぎ込むべきなのだ。「選択と集中」は少なくとも縁故主義ののさばる日本では機能しがたいだろう。 / "日本の科学技術「力が急激に…"
問題の根幹は経済の不振だと思うが、そこを有意に混同させて科学技術の不振こそが経済力の低下を齎したとする報告をする団体があるならば、そんなもの駆逐したほうが世の為だ /
予算を減らし安定したポストを減らし雑務を多くして力が強まると思う方が不思議ですが。
お金減らされ、かつ無駄な時間費やすようにされてんだから必然
そういや河野太郎が「研究者の皆様へ」ってタイトルでガンガンブログに投稿して文科省に照会してた件でなんか現場は変わったの?なんか去年ぐらいから更新が止まってるようだけど。純粋な興味 /
前からわかっていたことを今さら問題にする程無関心だったのがよくわかる
肝心な分野の科研費を"2位じゃだめなんですか"流で削りまくったツケだろ。そして不要な分野は削られていない不思議。文科省仕事しろ。
「2018年版の科学技術白書を閣議決定」というからには、「研究への十分な投資や、若手研究者が腰をすえて研究に取り組める環境の整備」を、今までの政策を省みた上でやっていただけるのよね?
白書にはちゃんと書きこまれているけど、財務省の解釈としては現場の科学者の頑張りが足りないから、となってますます削り込まれそう。どの道詰んでいる。 /
安倍晋三は文科行政については小学生に道徳を教えることと歴史教科書を書き換えることにしか興味がないので、今の政権が続く限り高等教育は更に荒廃していくだろうね /
(朝日)政府は12日、科学技術について日本の基盤的な力が急激に弱まってきているとする、2018年版の科学技術白書を閣議決定した。引用数が多く影響力の大きい学術論文数の減少などを指摘している。
前から言われてるのに、危機感が足りないような
長年に渡る文教政策(日本版文化大革命)の失敗を指摘し、政府に認めさせることが、復活?にむけた一里塚。 --
"海外の研究者と共同で書いた論文ほど注目を集めやすいが、日本の研究者は海外との交流が減っている。00年度に海外に派遣された研究者の数は7674人だったが、15年度は4415人に" /
当たり前じゃん!開発資金出さなかったらそうなるよ!
ノーベル賞の人もキレてたじゃん!なんで今更気づくの?
無視してただろ?いつもじゃんまたじゃん!
閣議決定する必要のないことを決定する馬鹿な内閣だから招いた当然の結果!あれほどノーベル賞受賞者達が基礎研究が大事って言ってたのにお仲間以外蔑ろにするから!
アヘどもみたいなクズをクビにした方がもっとマシになると思うんだがな
科学技術白書が閣議決定。これで国内の研究環境が少しでもよくなることを期待したい。
もちろん他人任せではなく、自助努力も必要。
業績至上主義はいいとしても、研究者に金を与えず、時間を奪っているから悪いんだろw

今時の専任見てると、恩師が現役だった時代が牧歌的に見えるw
文科省の予算を倍額にしような。それでも厚労省とかより桁少ないんだぞ。 /
予算出さないからだろ…
研究費を削っていった文科省・財務省の悪でしょう。
天下りと補助金漬けにして実績・実績と意味もない成果を求め過ぎなんだ。
小泉竹中でどんだけ壊したんや一体…
実現して下さい →「白書は大学に対し、会議を減らして教員らが研究に割ける時間を確保することなどを提言」
理由は予算不足。ノーベル賞の山中伸弥氏ですら研究資金を募金でまかなってるってどういうことなん。
中国人留学生の厚遇措置を廃止してその分浮いた税金を研究者に回すべき
政策が酷すぎる割にそれほど減ってない気がする。まだ手ぬるい(>日本の研究者による論文数は、04年の6万8千本をピークに減り、15年は6万2千本になった。:
金が無いからやること絞る、軍事技術だからやらない、選り好みしてる場合か?
環境悪いし、そもそも大学いくのがなんとなくが増えたからそらぁー減るよねww
増える要素無いし(-。-)y-~
…当たり前だわ。技術の流出に歯止めをかける施策ないし…こんな日本に留まる必然性ない
「力が急激に弱まった」のではなく「 (間違った政策で) 力を急激に弱めてしまった」と閣議決定したほうが良いのでは…
経営工学分野だと修士課程が中国人留学生が7割、学部進学1割、中小企業診断士の2次免除目的の社会人2割なので、技術者再教育の場とかないから
人数が減ってる、論文の提出本数が減ってる=科学技術力が落ちてるって判断はちょっと短絡的な気もするけど…
給料ください、研究費ください
奨学金と研究資金増やしてから文句言おう。
わかってるなら、、
金出さずに口出しするだけじゃ論文数は増えませんな。
改革で自壊していく国、日本。
「日本の科学技術」トレンド入り 日本の科学技術力弱体化を認める白書を閣議決定で 主要国で論文数減少は日本だけ
とりあえず学振DC1の採用枠を増やせ
「引用数が多く影響力の大きい学術論文数減少」「大学:会議を減らして教員らが研究に割ける時間を確保…政府:研究への十分な投資や若手研究者が腰をすえて研究に取り組める環境の整備」
解決する気があるとしても、手段として「急激に強めよう」とするようじゃやっぱり駄目だろうなあ。この政権はパフォーマンスのことしか考えないから、足下から地力をつけるような政策はまず期待できない / "日本の科学技術「力が急激に弱まっ…"
「この責任アベ一味政権にありますを閣議決定!!」
今の考え方だと絶対衰退する
え。これ、経団連の方針、政策方針に沿ったものでしかないだろ。学術・技術を捨てるってもうずいぶん前からやってきた結果が出たってことじゃないか。経団連と政策の効率的な結果ってなんで表明しないの。政策結果だ / "日本の科学技術「力が…"
まあ教育に関してはそう舵取りしているように見えますが...  白書を閣議決定:
そりゃそうだろ。
日本はいろいろ研究に対して問題があるからな。
どの口がそれをいう……
ふーむ。そりゃあんだけ野心的な若年ドクター冷遇してればこうなるわな
研究費、増やしてあげて下さい。
国立大学改革の結果、失敗は認めないのだろか
つか研究者って儲からないもんね。: -
「主要国で減少しているのは日本だけだという」
自民党杉田水脈議員が追求しているように多額の科研費を疑問を感じる研究に使っているのも理由の一つだ。
そりゃ、金持ちや企業を向いて政治をすれば当たり前。くだらん閣議決定ばかりしてる場合かよ。
弱くなったら強くする改善案はないの?
「若手研究者が腰をすえて研究に取り組める「環境の整備」などを求めた。」ところでこれについて「雇用の流動化」を主張する論者はどう語つてゐるのだらう。 /
まぁ、仕方ないよな。。。そこにお金使ってないんだから。。。"
「白書は大学に対し、会議を減らして教員らが研究に割ける時間を確保することなどを提言」

一体何のために会議してたんだ()
由々しき問題ですなぁ
「会議を減らして教員らが研究に割ける時間を確保することなどを提言」そもそも会議を増やしているのは誰なのか.
「研究できないように雑務を増やしたり補助金減らしたら技術力が弱まった」というだけの話で、何を今更感が強い。 /
「教員が、研究できるよう会議を減らす」
なるほどー
誰のせいやと思っとんねん
大学だけでなく、企業も不景気で開発/研究予算を削ったしね。成果主義の名のもとに短期で成果の出ない研究をないがしろにする雰囲気ができた気がするし。
論文書けないレベルの私学振興にしか興味がない内閣による閣議決定。白書を理解できてないだろうし、実効的な長期戦略とか期待できない感がタイトルにある。 /
( ゚д゚)急でない気が・・・
弱まった理由は、政府が1番わかってるはず。過去を振り返りましょう。
人雇えるお金撒いたら時間は作れるよ
で?

何を発信したいの?
coinhiveで逮捕してるようじゃね。
現状を正しく認識してそれを公にするのは大変意義のあること。
「白書は大学に対し、会議を減らして教員らが研究に割ける時間を確保することなどを提言。政府には研究への十分な投資や、若手研究者が腰をすえて研究に取り組める「環境の整備」などを求めた」
細かく見てないからわからんけどこれ事業仕分けのダメージ来てるのかな。
有能な研究者が米国等へ流れるのはずっと前からの事、今更何言ってるのって感がある。教育関係の予算を削り、取り巻きだけが潤う政治してきた結果だな。 ➡➡
日本の科学技術力を急激に弱めたA級戦犯は、政府ではないでしょうか。ところが政府には、そんな自覚は無いように見受けられます。
一朝一夕に弱まるものではあるまい。結局政府の金を使わない、研究費を減らせ減らせの大合唱の結果だよ。改竄書類ばかり作る忖度財務省の給与を下げて、研究開発費に回す方が遙かにましだ。 /
手遅れだと思うし、はっきり言って政治・政策のせいだと思う。国は自分の責任を全く感じてないから、今後も浮上することはないだろう… //
サッカー日本代表もそうだけど、日本はなぜか散々逆行することをやってきたくせに、後から気づくんだよなあ。
大学への運営費を削ったら研究者が事務処理するようになった、という話じゃなかったけ?文科省への怨嗟の声がツイッターランドには溢れてるけど。
以上

記事本文: 日本の科学技術「力が急激に弱まった」 白書を閣議決定:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース