富士山測候所:日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊 - 毎日新聞

1121コメント 登録日時:2018-08-10 07:39 | 毎日新聞キャッシュ

 気象庁富士山測候所の職員が68年間つづった40冊以上の「カンテラ日誌」が所在不明になっていた問題で、同測候所を管轄した東京管区気象台は毎日新聞の取材に、昨年11月以降に「文書整理の一環」で廃棄していたことを明らかにした。気象観測のほか、眼下の空襲など太平洋戦争も記録した貴重な資料が失われた。閲覧し...

Twitterのコメント(1121)

どういう感覚で処理してるのだろうかね。古いから捨てますとか上司に言われたから捨てます、とかかなぁ。
担当者の堂々たる不見識ぶりがすごい。記事中の書籍は1985年のものなので、それ以降分は抜粋すら残らない?
@quitamarco この廃棄処分を決定した際の
担当から上司までのハンコが押された決済文書を
見てみたい。東京管区気象台総務課の誰がおバカさんなのかわかるから。

こころある職員さんが、隠し持っていてほしい。
国会図書館か公文書館か大学か研究者に、こっそり寄贈してほしい。
■富士山測候所の日誌。行政文書なら保存期限が決められているが、それ以外は管理している人の判断になる。いつ廃棄されてもおかしくないので、その前に博物館か図書館で収集すべき資料だったのかも知れない。-
ひでぇ…→
公文書管理の制度設計の不備が感じられる話だ。
悲しすぎて涙も出ない/
重要な史資料というだけではなく、一種の公文書でもあるんだから、国会図書館なり公文書館なりに寄贈することもできたはず。今年話題になった公文書の取り扱い問題の一つとして考えるべき。>
人間、支配され続けると思考や感性が奪われてしまうのだろうか。残念
人が死んだような喪失感を覚えた。ああ、日本が溶けていく。
なんならInternet Archiveに送ってくれれば少なくともディジタイズして保存できたかもしれん。
公文書を巡る与党と野党の駆け引きの結果、不必要な文書は処分するようにという通達があったのでは。
公文書管理法によれば、移管か廃棄かのレコードスケジュールを早期に決定し公表するよう定めている

廃棄した気象台総務課は「個人の感想を書き留めたもので、行政文書に当たらない」と説明

行政文書かどうかの判断が行政機関の裁量下なら、公文書管理法が無効化されてしまう
保管場所の問題ならばデジタル化すれば済むと思うんだけど、この手の文書の保管手順の問題っぽい
そんな貴重なもの捨てるとか狂ってる
wtf? 読んでて怒りで震えた。
関係者は失職レベルだと思う。あなたたちよりも1マン倍世の中の役に立ち未来にも有益であるものを廃棄、取り返しのつかないことしたんですもの。
ごめんで済まない。
「信じられないバカ」としか言い様がない!!
…いや、まさか。スキャンしてHDDに保存くらいしてるんでしょ。え?してない?本当に(情報丸ごと)失くしちゃったの?…
資料を見て誰にも相談することなく機械的に捨てる職員。でもこの職員自体が問題の中心ではないと思う。 /
あああああ…
2度と、戻らない……
こういう遺物をロストしてしまう無関心さ。。。注意しないといけない。
デジタルの使い方がまるで分かってない国、ニッポン
個人的な記録だから溶解処分て・・・個人的な記録も含めて歴史が積み重なってきたんだけどね。
安倍政権、ほんと倒さないとヤバイ。貴重な記録がどんどん消されていく。
「戦前」を感じさせるものをどんどん廃棄していってしまう今の日本。無尽蔵で置いておけないのであれば別の所蔵先を探すなり、極端な話古本業者に買い取らせればいい。読めなくさせることの「意思」を感じる。
おいおい。
日本山岳史の上で、不撓不屈の単独行の加藤文太郎、世界最強と言われたの山野井泰史の記録も失われたのか、慄然とする。
アーカイブに価値を見いだせない人は意外といましてね。平和研の現所長とか。
記事中の「職務ではなく、行政文書に当たらない」って言い訳。ここ数年よく聞くやつだ。歴史を蔑ろにする国、日本。伝統もクソもあったものじゃないですよ。
ほんとそういうとこだぞ
こんなバカが日本中で跋扈している。溶解処分! 理由は「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく行政文書に当たらない」。のうのうとこんな理由を垂れられること自体バカの上塗りだろ。
▼ - 毎日
あらぁ...こういう公文書ではない文書は、有意性を認める別団体で譲り受け保管...とか

公文書館に歴史的価値の判断をしてもらい、保管するか否かを決める仕組みにできるといいかもね
ママに怒られるぞ
富士山測候所  0810 測候所が山頂1936年から無人化された2004年までの貴重な記録。
木で鼻をくくったようなお役所回答、シビレるぅ…『毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。』
大学図書館に寄贈、とか考えなかったのかしら。
欲に駆られるばかりで人情の持ち合わせのない日本人の割合が増えているという証左。
いらんのならワシにくれ。着払いでええから送れ( ̄。 ̄)y-~~
この神経が信じられない。。。

必要ないものを無尽蔵に保管できない😵😵😵
先輩たちの貴重な記録を…/
このニュースを見て批判する人はたくさんいるけれど、その99%は、もしこの日誌が廃棄されてなかったとしても一生それを読もうとは考えない人ですよ。
今さらですがちゃんと記事を読んで、つくづく残念に思う。どんなに長い年月をかけて蓄積しようと捨てるは一瞬。個人が書いたものでも歴史の解明に繋がるのは『御堂関白記』や『小右記』が証明してくれているのになぁ。
そして…鴨川先生、そんな活動されていたんですね。
この国のお役所の文書管理感覚は、本当にどうなっているのか(怒)
今はやりの言い訳 >取材に対し同課担当者は「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」と説明した。
貴重な資料が…
って専門家が言ってるが
保管しとくスペースがなく、日誌だから保存の優先度も低い
って捨てた側の言い分ももっともだよね
スキャンしてデータ化してから破棄とかなら良かったんだろうな
なんてことを!

8月10日 07時00分
"同気象台総務課によると、日誌は昨年11月までは倉庫にあったが、他の行政文書と一緒に溶解処分したという。"
なんてことを…気象の調べ学習でよく目にする富士山測候所の話。大変な中行われてきたという歴史に感動する。この貴重な資料、場所が無いのであれば、どこかに寄贈するという案は出なかったのかな。
先達に対するリスペクトが一切感じられない所業に驚く。仮に保管場所が無いにしても、電子データ化するのが普通なのでは。
なぜデジタル化しない!?
気象庁がズサンだとプンスカするのもいいが、現実問題としてアーカイブ化のハードルを下げるにはどうしたらよいのか。 /
この手の記録や歴史の価値がわからないとか蛮族かよぉ!!
祖父母や親戚の空き家から戦前の貴重と思える写真や四百年前からの先祖のことが書かれた文書を探し出したりしたけど、自分がやらなかったらほぼ間違いなく処分されてた。古い物を処分するときはこういうやつがやるべき。
> 68年間つづった貴重な40冊(毎日)
法の不備とか以前に処分を判断した職員は富士山測候所の歴史や先人の苦労を想像しなかったのかな?『芙蓉の人』とか読んだことないんだろうな。雑な仕事をして悲しくないのかな。
「庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」気象庁のクソ役人どもの首から上は空洞なんだろうか? これから日本では同様に貴重な資料がどんどんなくなっていくんだろうな。-
全く写しがないの?

廃棄も驚きだけど、嵩張るならデジタル化でせめて中身保存しないの?

とりあえずバイト雇ってそこにある機器でスキャンならあっという間なのに

捨てるくらいなら画質云々言わずにとりあえずやっとけば良かったのに

結局価値がわからなかったのでは?
っっっっっあああああ!!!!!なんてっなんてことしてんだアァアアア!!!!!!!
事実も酷いが担当のコメントも劣悪。ふざけた真似しやがって。 /
以前、教養教育授業のFDで「大学の教養教育はアイヒマンでなく杉原千畝を育てることを目指さねばならない」と教えられたが、それを思い出させられた。組織の論理だけに忠実な職員が集まると社会に損失をもたらすし結局組織も危うくなる。
昨年、石川県にて民俗学の研究本廃棄。4月、京都府にて桑原武夫氏の蔵書廃棄。場所とコストを総点検し直して電子化するなりしないと今後も起こりうる問題。→
少なくとも全部スキャンして電子データにする事ぐらいの事を考えなかったんか?
大学等に資料として譲る手もあったんじゃない?

=> 測候所:
捨てられたのめちゃくちゃ残念だけど、「溶解処分」なんだ
"日誌は昨年11月までは倉庫にあったが、他の行政文書と一緒に溶解処分したという。" /
何か社会の底が抜けてしまっている気がするな /
データ化して保存とかいくらでもできたと思うんだけど。。
破棄するなんて!とかデジタル化すれば!とか騒いでいるが、ちょっと検索すれば出版済みで1200円で買えるし図書館なんかにも収蔵されてるってのがわかるので、脊椎反射系の人はホント役に立たない。
記事末尾の「書籍「カンテラ日記」から」とかもうギャグだろコレ。
出版熱望。
何てことをするのだ!
個人が書き残した血の通った現場の日誌こそが、官報や新聞の切り抜きではわからない一級の歴史資料であるのに。感性のすり減った役人の融通性のなさに腹が立つ。
どうしてそうなるのか…。
お粗末過ぎて言葉もない……。(- -;)「 - 毎日新聞」
データ化すれば良かっただけの話。
言い訳にも何にもなっていない。
うわー。
政府のトップがバカだから役人がみんなバカになる。アホな連中が「アベサンシカイナイ」と念仏を唱え続けた末路がこれだ。泣けるぜ。
>
教養の決定的な欠落がもたらした悲劇。
 
『 68年間つづった貴重な40冊』毎日新聞
先人の思いを踏みにじる暴挙
今回はしょうが無いにしても、今後この手のアナログな文書についてはどうすべきなのかのガイドラインが必要と思う(関係官庁がどこになるのか知らないけど)。デジタルはまた別の方式が必要だろう。 /
これこそ、戦前からの一級資料だろう。
気象庁自ら、自分たちの誇れる功績を捨てて良いのか!?
置く場所が無いならば、言ってくれれば自分が貰ったのに。
そういう人が多いと思うぞ。
まだ、競売にかける方がマシであった。
気象台は今後もこういう考えでいくのか。ありえない。信じられない。
ほんの僅かながら縁あって測候所の測定データに関わる身としては本当に残念
!? 確信犯!?
マジ恐ろしい・・・

*富士山測候所
 
気象観測のほか、眼下の空襲など も記録した貴重な資料が失われた💥
しんじられない、、、失われた大切な記録。
地元の図書館に寄贈するとか考えなかったのか。つか、思いつかなかったレベルでダメだったか。 >『 - 毎日新聞』( )
うっわ~、馬鹿だ、馬鹿すぎる。
どうも日本には馬鹿が蔓延しておるようだ。
こういう話を聞くたびに役人って詰め込み勉強しかできないバカなんだなって思う。
今の役所は平気でこういうことをする   大学生協は巨大美術作品を破壊するし
廃棄した人死刑にしてほしい
溶解して捨てるくらいなら本当に俺に寄越して欲しかった。

捨てるから好きに持ってけ。と言われたら、今すぐ新幹線で上京する。

俺は門外漢だが、気象は好きだから読んで見たかったし、物の価値くらい分かる。

俺にくれてたら、無償で然るべき場所に寄贈するわ。
あ~あ。せめてスキャンして電子化しておけばよかったのに。>
なんてことを…せめてデジタル化して保存しようよ。スペースが足りないと言うなら引き取ってくれる人も多かろうに
"毎日新聞は今年1月、情報公開法に基づく開示請求で「不存在」の通知を受け、取材で「庁舎内にない。これ以上分からない」と説明された。3月の報道後、廃棄が分かったという"

こういう情報開示の使い方もあるのか。書いた側というのは差し引かないといけないだろうが
これはひどい…(ノД`)
普通に考えて捨てるか?貴重な資料って分かってんだろ?100歩譲って捨てるとしても捨てる前にスキャンするとかしろよ。
以前に行方不明?と話題になってた「カンテラ日記」の件。公文書じゃないと溶解廃棄してた!
なんなんだよ、捨てる前にオレにくれよ!
東京管区気象台は、昨年11月以降に「文書整理の一環」で廃棄だって。
気象庁はデジタル化するだけの手間を惜しむということがわかりました。
いつまでもアナログなのでしょう。
信じがたい愚行。たかだか40冊、われわれ歴史家がよくやるデジタルカメラで見開き撮影してデジタルデータとして保存することくらいできなかったのか。
何も考えないにもほどがある。
なんでこんなヒドいことができるんだろう…。理解できない。
もうダメだこの国
日本には、アメリカのようなアーカイブ法がないですか?刑事事件になれないの⁇
これ、存在を知らなかった自分でも胸がつぶれる思いなんですけど。こんな貴重な資料を溶解処分て……。
こういうのも、戦争に絡めて語るから気持ち悪い。本分は気象観測日誌としての貴重な歴史資料であることを、他の例で語れないのか。
どアホが。何気ない記録が後々千金の価値になることは稀ではないのに。物理的スペースを云々するなら電子化しろよ。

貴重な資料をなぜ捨てるのか? 理解しがたい。
いらないものを処分して怒る人は、保管費用を寄付すべき。
記録するという事は未来の為にする事であって、この廃棄等という愚行は過去と未来に対する冒涜。
何かもう本当に色々劣化しちゃったなぁ……
モノの価値を理解出来ない御担当者様がお辞めになれば宜しい。
有限で貴重な庁舎内スペースが浮くぞ、ほら喜べ。
『戦時中は南から飛来する米爆撃機B29の編隊や、空襲に遭った街が赤々と燃える様子を描写。「中都市が攻撃を受け、毎晩一つ、二つと焼土となる。これが戦争の現実」』
しかも溶解処分。つまり,もう二度と手に取ることができない…。
劣化が止まらないなこの国は…どうせスキャンしてデータにもしてないんだろう。
捨てんなや。いらないならくれよ
そりゃサラリーマン含めて規定縛りで現場の判断が難しい入り込まないシステム組み過ぎて台風来ても地震が来ても自分の判断で家に帰ることもできない社畜国家なんだから資料の貴重さなんて判断して出来る訳がない。 / "富士山測候所:日誌を廃…"
同人誌として国会図書館にぶんなげられないのこういうの
せめてスキャンしてから原本廃棄、と言いたいところだが、日本の役所はそういう小回りが利くような構造じゃないからなぁ…せめて気象研究所にでも相談しておれば…(´・Θ・)
うわぁ……なんというか、もう本当に……

>「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」
日本の官庁から、記録の重要性が忘れ去られていくようだ。これは文明国では起きえない事象である。文明の劣化とも言えよう。歴史修正主義政権の下で、主要省庁である財務省の官僚が公文書の改ざんを行なって恥じないことと、どこかでつながっているようにも思われる。
>取材に対し同課担当者は「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」と説明
ああああ…。カンテラ日誌、やはり駄目でしたか…。溶解処分って…。
ほんとに日本人は、歴史が嫌いだよね。その割にインチキ歴史にはすぐ騙される。
わからんな、この対応は。ほんとうにわからん。
日誌のすべてを写真に撮り、デジタル化して保存してあるのなら、廃棄されても希望はあった。
それすらしておらず機械的に溶解処分したのなら、批判されて当然だろう。
史料価値を理解していなさすぎだ。
富士山測候所で実際に勤務したことがあるなら、簡単に廃棄できないはずだ。1億円入りのブリーフケースの中身をスカイツリーのてっぺんからぶちまけるよりも数百倍も惜しいことをしてくれた。
野蛮な行為、という他ないですね。
「行政文書にあたらない」なら、研究者とかに預けたらいいのに。
こういうのをスパッと捨ててしまうという感性がわからんなー。というか、感性が無いということかもしれん。
ええぇ……残念すぎるニュース…………
色々と残念すぎるニュース。
出版されてたら酒の肴にもってこいな感じなのに…。(新田次郎ファン)
"庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない" 「必要ないもの」 /
国会図書館にでも所蔵すれば良いのに
文系脳は本当に内容が理解できていない
この記事の書き方では、戦争の時期以外は、不要と聞こえるんだが
文化財を毀損するに等しい犯罪的行為ではないか? →
史実や歴史を蔑ろにしてるから…。資料の大切さが分からんのやろ。デジタルで残せばええのにアホですか。
 68年間
つづった貴重な40冊 - 毎日新聞
いくらでもやりようありそうだけど、、あんぽんたんすぎる
富士山測候所 どこかの古書店から発見されないのかなあ・・・
意識低いよね〜。
どこぞの博物館などに寄贈する知恵はわかなかったのか。このおマヌケめ
言語道断。おまけに、安倍政権に絡めている奴らも言語道断。せめて、保管場所と日誌自体の耐久性の観点から電子データかの後に廃棄とかなら分かる。
記録の重要性を誰よりも知ってる人たちが自発的に破棄するわけない。分からんちんの御上の指令だろう。(決めつけ)
/
愚かだよな。ホント日本の文書保存はクズ。幼稚園児かよ?
また一つ、お役所仕事の犠牲が出てしまったか。→
捨てた=戦争賛美の言葉があったのだろうね。でも、それはそれで資料として残すべきでは?最近の左翼の心の狭さには危機感すら感じる。物事を好き嫌いで判断しだしたらきりが無くなる。
価値が分からない人にとっては、グッズも資料も役に立たない・業務上不要なモノにしか見えない。だから管理の仕方を変えないといけない
オタクに理解のある家族だから俺が死んでも大丈夫だと思うけど
いやだから、こういうのはその価値を知っている人達が積極的に声をあげてかないと、同じような事が何回も繰り返されると思う。敵はお役所仕事ですから。放っておいたら、機械的に処理されてしまうでしょう。 /
廃棄に関わった担当者を国民の財産を逸失したことでの損害賠償で告訴すべきだと思う。〆
確かに貴重な資料が無に帰して、非常に残念。他方で破棄した人々は、部内の保存規則に則って破棄したんだろう。従って「現業に直接関係しない資料でも、将来の為に残していく」には、現場を批判しても仕方がなく、その為のリソース(場所や人員、予算)を与えなければならない

記事本文: 富士山測候所:日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊 - 毎日新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース