自然災害大国の避難が「体育館生活」であることへの大きな違和感(大前 治) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

1014コメント 登録日時:2018-07-10 06:49 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

7月5日から8日にかけて西日本各地が豪雨に襲われた。被害は甚大であり、避難指示と避難勧告は全国で約360万世帯・863万人に発令され、3,779ヵ所の避難所に約28,000人が避難をした。...

Twitterのコメント(1014)

まったく同感「なぜ日本の避難所は劣悪な環境なのか。そこには、災害対策や復興支援についての日本と諸外国との考え方の違いが表れている」>>
ずーっと目にしてきたから「仕方がないこと」と思ってたけど、そうじゃないんだなぁ。/
ここ最近読んだもので一番衝撃受けたかもしれない
「災害時は体育館にすし詰め」ってイメージが当たり前にあって、目から鱗だった。災害関連死を防ぐためにも、個別の居住空間の確保は大切なこと。
イタリアすごいなぁ、、、
4⃣/4【 】
人への支援か、物への支援か
(政府の考えは「自己責任」)


難しい問題なのかも知れないけれど....どなたか舵取り打開策を示していただけないだろうか。。。。と願🙏🏻お願いします。
国際的な基準があるのか /
なるほど! / (現代ビジネス[講談社] | 最新記事)
地震が来ることも、それで避難者が多数発生することも、事前に分かっているのにねぇ。 at:
我慢が美徳、だからか
冗談じゃないよなー
援助を受ける権利
違和感は可視化・他との比較によって共有される。
確かに。あと熊本かどっかの地震の時、体育館耐震してても危なかったみたいやし、大阪地震の落下物の報告見てても軽い物の方が被害受けてなかったから、地震の時は逆にテントとかの方が良いのかもしらんとも思う。
なるほど!!
まあそういう意識とは程遠い政党が政権担ってますし。復興のための道路と箱物には無制限に金をつぎ込め、それ以外はいらん、と。 /
避難所といえば、体育館のあの風景が当たり前だと思っていた。たしかに辛い状況に追い打ちかけるような環境だと思う。→
必見です。良く考えたらこんなに災害が起こる国なのに、避難場所はいつも体育館。そもそもそこは、宿泊施設として作っていない。
一時的な避難だからだし、地震の場合宿泊施設の建物が安全かわからないしそこまでの道が寸断されてたら難しいし、宿泊施設の職員も被災者の場合は…
ちなみに避難所運営は
地元自治会か、解放された学校の生徒によるボランティア。
あと主婦による炊き出し。
・被災者には尊厳ある生活を営む権利がある
・内閣府のパンフレットには被災者の権利の事は触れられず、むしろルールを守る事ばかり記載されている
昨夜みたニュース映像、入浴のために長蛇の列に辛抱づよく並んでいらっしゃる被災者の皆様の姿に、うわーこういうのなんとかならないものかなと思っていたところ、この記事なるほど。
わかりやすい。確かに。
救助にあたる人たちも雑魚寝だし、意識低すぎ。この国は貧しい
イタリア凄い。ってかこれが当たり前なのか。税金はこういう事に使うべきだ。イタリアの市民保護局にあたる官庁は日本だとどこだ?日本は権利意識が低い故難民キャンプ以下の劣悪な避難生活だと。政府をはじめとして日本に蔓延する自己責任論が癌だ。
ほえーすごい。エアコン付きテント!
これは勉強になります。

日本ではなぜ避難生活イコール体育館生活なのか?なぜホテルなどが真っ先に活用しないのか?

避難者は権利の主体である!
避難勧告が出てもすぐに避難しないことの理由に、テレビで見た「あの」避難所暮らしをしたくないという感情は確かにある。
日本って、個人の尊厳がとことん後回しになるよね。被災者に、事件の被害者、満員電車に福祉問題。。。どこを向いてもそう。
この視点がなかったことを恥じないといけない。
当たり前に感じていた避難所の光景。
"このように、避難者は作業や役割分担には参加せよと指示されるが、権利者として意思決定プロセスへ参加することは書かれていない…(中略)…避難生活も生活再建も、あくまで「自己責任」が原則であるという政府の姿勢が見えてくる。 "
言われてみれば、なんで体育館なんだろね。
これには気づかなかった。言われてみれば、その通り。体育館は劣悪だ。>
ある避難所は広い体育館にお年寄り8人しかいなかったそう。
ホテル・民泊・会社などマシなところはいくらでもありますよね。
シェアエコ社会に避難所体育館はもうヤメにしたいですね。
なるほどー。
地震あったとき、「私人が多いところ行けないから、避難する時は置いて行って」と家族に言ったなぁ…
発作起こすなら家で待機してたいと思った
空いてる宿泊施設に誘導するのって難しいのかしらといつも思ってた/国営または第三セクターがらみの施設を閉鎖して来た弊害? /
イタリアと比べられてもね。じゃあどうやって施設維持するのよ?
日本人は学校でよく躾けられているので体育館に詰めて座らせると不思議なほどおとなしくなる体育館とはそういう場所なのでありそれがそこに収容する理由だ
避難者支援の貧困🤔
学ぶべき、日本もやらないといけない事ですね。
スフィア基準は知らなかったな。

「災害や紛争時の避難所について国際赤十字が提唱する最低基準(スフィア基準)は、次のように定めている。」
テントだったら体育館の方がいいだろ。ただ、日本の学校の体育館がエアコン完備していないという点が意味不明なだけ。要は、子供の人権問題か…|
@AbeShinzo いまこそ災害対応先進国にならなくては 一読ください。
体育館生活を常態化させてはいけない…あれホンマしんどいからね。
「体育館で身を寄せ合う避難生活」の光景は、当たり前のように、あるいは我慢と忍耐の姿として報じられた。→
ほんまそう思う!
これで良しと思わされてはならない。
しかし、この警告の背景になんらかの商業主義が入り込まないかともびびる。
もっと避難者にとって良い環境整えられないのかな。。。
目からウロコでした。カジノ作ったりする前にやるべきことたくさんあるやん。
避難規模が大きい場合には、公費で宿泊施設(ホテル、旅館、青少年の家、ユースホステル等)への避難を指示できる予算措置と制度化を検討するべきである。
@gaugaufukkou 長期的な視点でも考えていかないといけない「...政府は被災者へ十分な支援をせよと声をあげて求めること、それを通じて政治に変化を及ぼすこともまた、私たちができる被災者支援として大切なことだと思う。」ref
>この光景は、適切な援助を受ける権利を侵害されて尊厳を奪われた姿と捉えるべきである。この国の避難者支援の貧困が表れているのである。
多くの方に読んでいただきたい記事ではあるけれどこの観念は日本に通じるのだろうか…
避難者支援の貧困を考える
ホント体育館ひどいよね💢
こういうことにもっと予算割いて欲しい
「2009年4月のイタリア中部ラクイラ地震では、約34,000人がホテルでの避難を指示された。もちろん公費による宿泊である」とのこと。→
うわぁーごもっともすぎる!避難生活が地獄過ぎるよ 確かに地震多いのにこういった避難生活への支援が無い。自己責任ばっかり…日本のどこ行ってもほぼ災害起こるのにね。
ほんとこれ。可能なかぎり個室で過ごしたい。
色々考えさせられます
これはずっと感じていた事。こんなに災害の多い国なのに、避難する先は体育館や公民館など。これは避難を渋る人も多いわ。
記事読むまで私もそうだったけどこれ本当に皆当然のことのように捉えてる気がする
イタリア全然違うじゃん!!
なんなの日本
「避難者を含めたすべての個人が豊かな生活を送れるよう保障することこそ、国家の責務であり存在意義である。一人ひとりの暮らしを直接に支える分野にこそ、優先的に国家予算を投入するべきである」
言われてみれば確かに国の対策がみすぼらしい、難民キャンプ基準にも足りないとか、問題だよな→
我々が海外の状況を知らないというのもあるかもしれない。
たしかに。
どうせハコモノ作るなら災害時に「快適に過ごせる避難所」として運用できる設備にしておく、というのは今後は必須かもしれない。
日本の避難所は難民キャンプ以下の低水準なのか・・・・
確かに100年先も体育館に避難するんだろうね。
何も対策考えない体育館に。
*災害や紛争の避難者には尊厳ある生活を営む権利があり、援助を受ける権利がある。
*避難者への支援については、第一にその国の国家に役割と責任がある。
(国際赤十字・スフィア基準「人道憲章」より)
ずっと思っていましたよ…
…初めて知りました、「スフィア基準」
そうなのよ。どうしてこれだけ毎年災害に遭うのにこの点は改善されないのか疑問だった。
国際的に、避難者権利について、そんな規約があることなんて知らなかった。言われてみれば、体育館の避難所、キレイなだけの難民キャンプに見えなくもない。
「世界と比べて日本は劣っている」という内容の記事は、大抵海外のいい部分だけを切り取って紹介しているから、いつもはあまり参考にしない。
けどこの件に関しては世界と比べないにしたって劣ってるよなぁ、日本。
目ウロコです。
今の内閣府のパンフレットではルールに従うようにという文言がつづいているけれど、
被災者が「迷惑をかけないように…」なんて思わないで、権利を主張していいのだ、当然なのだ、という発想が必要。
そもそも「弱者は攻撃されて当然。むしろ喜んでしかるべき。そうでない奴はごみ箱に捨てろ」というのが日本人の弱者に対する価値観だから /
海上自衛隊が弾薬輸送に用いる輸送機(150億円)にまで、「災害対処にも使えるから」と復興予算を流用している。
知らなかったことが沢山ある。
日本国の国民に対する冷たさも感じる。
与党も野党もこの点に関しては変わりがないように感じる。
なかなか難しいのではないのかな…土地ないし…。
小学校が密にあり体育館が多く
テントやその他施設を設営するスペースがなく
そのうえ体育館内にて、ダンボールでもって仕切れるような板が出てたりするんですがそのへんは触れませんか
これは良い問題提起
被災者だけが取残されて行く、日本の「復興支援」のかたちが浮彫りに

「政府の復興予算は「人への支援」ではなく「物への支援」ばかりである。こうした国費の使い方に、被災者への姿勢がにじみ出る。
言うだけならなんとでも言える じゃあ、避難所用意してやれよ できんのか?
避難者支援の貧困を考える
体育館生活って普通じゃないんだ。体育館って人多いし、プライバシーなんて言ってられないけど、テントだと多少はましになるから避難しやすそう。
その一方で頻繁に「外遊」に行き盛大にバラまきしてくる宰相殿。きっと「お友達」以外の「日本人」が憎いんだと思う(苦笑)
大前治弁護士の記事、改めて拝読。恥ずかしながらスフィア基準とか全く知らなかった…
まったくもってそうだな。考えたことなかった。採算の合わない公営のホテルとかは持ち続ける意味とかあるな。 /
この国は人権後進国ですね。悲しくなってきました。
「お上」という言葉が日本人の心理の根底にこびり付いてる間は、この先も悲惨な状態は変わらないだろうよ。
我慢して助け合い、だけでは、結局しわ寄せが弱者にいくことになる。
この視点はあってもいいと思う。ただ中継点としての大型の公共施設として体育館は仕方ないし公費負担なら税金増加もなー /
自分の考えをキチンとコトバに出来る人がウラヤマシス。

まだココ


【!で『スラムダンク』視聴ちぅなの('-'*)】
興味深い話
災害対策のあり方に大事な視点だと思う記事。
予算云々の問題以前にこういう意識で考えたら違う支援もできるのではないかと。
日本政府は被災者のことなんて考えていないという事実。
最初の避難場所として比較的狭い場所になるのは実態把握の観点から必要だしそもそも日本の自然災害でそのような点と張るような場所が何処にあるんだ?
海外の避難所の実態と大きなギャップ
目からウロコ。自分を含めて、恐らく多くの人が当然だと思っていたことが実はオカシイことなのかも知れない。何とかならないのか…? →
明日は我が身と考えれば、自ずと答えは見えると思うが。
//
広めるならこういう、未来への展望と改善の話が見たいわけである /
うーん。大事な指摘だが、学校等の公共施設への避難は日本に限らないので、その前提でもプライバシーを建築的に担保できないかと実践している坂茂さんはほんとにすごいんだけどね。
個人に対してあれこれしろだとかだめだとか言う以前の問題だよな。
確かに見慣れてしまっていた。さぞかし居心地悪いだろうなとは思ってたけど……。なにかと震災が続いてるから、すぐに改善してほしい。
海外とこんなに違うのか…!って驚きと、たしかに「最低限どの文化的な生活」か?みがあるなどした
ずっと感じていたモヤモヤが記事にあり納得。ここに予算を。→
日本の体育館避難はおかしかったんや・・・:
災害の度にやれボランティアが必要だの邪魔だので揉めててアホらしい。そもそも先進国なら国としての備蓄とか機動力が充分でないのが問題なんじゃんやっぱり。
これは知らなかった。必読。如何に我々が無用な心遣いを強いられていたか!→「劣悪な避難所をあてがうことは義務の不履行として批判されなければならない」
(;゜∀゜)イヤイヤイヤイヤ...エアコン付きはありえないだろwww仮にも災害被災地だぞ…?てか、体育館が普通だと思ってた私って馬鹿なのか?
避難場所=体育館、みたいな意識があったから、ハッとした気持ち。
馴染みの光景なので特に違和感もなかったけど、これって変なことですよね?
こういのもソーシャルアクションよね……
国際基準でのプライベート空間は1人あたり3.5平方メートル。避難所は1人1畳(1.8平方メートル)しかないことも。/
ご一読を。
もしもの時、体育館での生活は、想像しがたい。というか、私には無理な気がする、そんな事言ってる場合じゃないかもしれないないけど。
募金や物資などの支援に加え、被災者の皆様の環境を改善するよう
政府に求めていくことも必要だと考えます。
「そういうもの」と思い込んでたけど、なるほどなぁ。 /
毎年、数回来る大規模な災害に関して見落としていた視点。

特に被災者が「意思決定」に関わるのは痛切に同意。被災した当事者の意思と正反対の「震災復興」は岩手、宮城、福島各地に山ほどありますからねぇ。
テントを張るにしても安全な場所を確保しなくてはいけない。安全な場所に建てられたのが学校などの避難施設ではないのか?施設の設備や利用方の見直しは必要だと思うが。 / "自然災害大国の避難が「体育館生活」であることへの大きな違和感(…"
他の国ではこうこうこうしてるよ!って話、財源とか税金とかそこまで踏まえてないとあんまり参考にならないんだよな
言われるまで、思考停止していたわ。確かにそうだ。 /
人権保証のある避難生活を!
『政府の復興予算は「人への支援」ではなく「物への支援」ばかりである。こうした国費の使い方に、被災者への姿勢がにじみ出る。』
これは凄く重要な指摘。国会議員は是非とも緊急の政策提案として考慮して欲しい⇒
たしかに、という気はするものの、なんか腑に落ちないのは何故なのか…。
単純な事実としてこの国の主要産業である土建業(とそれを支援する政治家)は定期的に大災害が起きたほうが金になるのである。被災者支援は金にも票田にもならないんだからやらないのは当たり前 / "自然災害大国の避難が「体育館生活」である…"
ふーん。外国では被災者に10畳のテントが与えられる!日本はー!

そうかそうか。
10畳ってことは5m四方か。固定するロープやテントの間の通路も含めれば1つあたり10m四方くらい必要か。ふーん。
避難風景を見るたびに思っていたこと。しかし、まぁ、ここでもまた「自己責任」とは……→
"適切な援助を受ける権利を侵害されて尊厳を奪われた姿"に同意。避難所=過酷 が当たり前になってはいけない。最近の施設は努力しているのかも知れないけれど。 /
考え方としてはその通り。ただ、我田引水ばかりの自公政権では無理だろうなぁ。→
絶対体育館生活出来ないわー。
車中泊する方選びたい。
でも車が無事とも限らないんだよなあ。
日本はイタリア見習うべき!
そういや生まれた時からずっとそうなので違和感持ったことなかった /
一時避難先と恒常的な避難先の分別がなされていない気がするんだが…
すぐにでも真似したらええやん日本政府くん。
・エアコン付テント
・ホテル活用 などなど
「国がなんのために備蓄してたのか?」でいうと、戦争のための備蓄…の気がするんだがなぁ /
日本と同じ地震国であるイタリアでは、国の官庁である「市民保護局」が避難所の設営や生活支援を主導する。
これは、確かに!エアコンつきのテントなんてあるの⁉️とビックリしました。うちは農家なので何かあれば冬ならハウスで生活かなと。プライベートを守られることは大切ですよね。
物への支援ではなく、「人への支援」が必要。自然災害からの避難においても「個人の尊厳」が何より大切にされるべきとの指摘。重要な視点。
《政府の復興予算は「人への支援」ではなく「物への支援」ばかり》
イタリアはエアコン付きテント…
イタリアがめっちゃ進んでるというよりは日本がめっちゃ遅れている。
「避難者は援助の対象者(客体)ではなく、援助を受ける権利者(主体)として扱われるべきであり、その尊厳が保障されなければならない。」
なんかすごく考えさせられる話題だな
こういうものだっていう先入観が悪影響を与えてる気がする。
思い込みを揺さぶる素晴らしい記事。あの体育館生活を災害の図だと思い込んでいたことが恥ずかしい>
《大規模災害のたびに報道される光景であるが、これを当然視してはいけない》。本当にそうです。これを普通のことと思ってはいけない▽
日本で巨大テント建てて避難民収容できないの、台風が来るからでは?
いいこと聞いた。なるほど我々国民は主権者であるのに、遠慮しすぎていました。劣悪な環境も災害だから仕方がないと諦めていた。
河野外務大臣は海外の会議に出席するためだと八千万円でチャーター便を飛ばしている。金の使い方がおかしい。
蒙を啓かれた思いだ。予算等の問題はあるだろうが、毎年のように災害で避難生活をする人が一定数出る、つまり避難施設が必要な予測が立つのに、未だ「体育館すし詰め」が標準なのは確かに無策と言っていい。 / "自然災害大国の避難が「体育館…"

記事本文: 自然災害大国の避難が「体育館生活」であることへの大きな違和感(大前 治) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事

画像で見る主要ニュース