富士山測候所:日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊 - 毎日新聞

1121コメント 登録日時:2018-08-10 07:39 | 毎日新聞キャッシュ

 気象庁富士山測候所の職員が68年間つづった40冊以上の「カンテラ日誌」が所在不明になっていた問題で、同測候所を管轄した東京管区気象台は毎日新聞の取材に、昨年11月以降に「文書整理の一環」で廃棄していたことを明らかにした。気象観測のほか、眼下の空襲など太平洋戦争も記録した貴重な資料が失われた。閲覧し...

Twitterのコメント(1121)

歴史は流れるのではなく堆積していくものだとつくづく思う。なんて取り返しのつかない事を…
残念です。
行政文書とは毛色が違うことは確かで、それはそれとしてどこか適切な引取り手がなかったものか。
======
バカな担当者💢"庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない"
必要に決まってんじゃん。
デジタルなら無尽蔵。スキャンとか、せめてスマホで撮影してから廃棄なさいよ。
歴史的に、楽譜や楽器もこうやってナイナイされてしまったの結構あるんやろなぁ。/
どうしてこういうことができるのかな?
歴史的建造物の保存を持ち主に押し付けるラブレターを連想した。価値を認めた者が金を出して保存すればよいのに,保存義務も責任もない持ち主に,不便や負担を押し付けて,保存しないと批判する
ひどすぎる。せめて電子化するとかオークションに出品するとかやってくれよ。:
当代公務員心得第9条「自己保身が第一」→
おこがましくも公務員が文書の保存の判断をすべきではない。基本は全保存にせねば>
う~む…🤨ちょいと酷すぎやしないか、これ?
捨てるか、普通?
必要ないもの、と。なんてことを
この国の歴史の損失という発想ができない膠着した思考(というか固着)...
気象庁富士山測候所 日誌を廃棄、68年間つづった貴重な40冊「カンテラ日誌」
「私的で保管義務ない」
必要なものだけを、役に立つものだけを、儲かる事だけを選択と集中していった結果がコレだよ!
気象や地震などの分野は、長い時間での観察が必要とされるはずだから、史料保存には意識が高いのではないか、と思っていたが…。
高踏的で批判的な論調が多いようだけど、倉庫の整理の際に会社の奥に何十年も前、それこそ取引先がもうないような案件のメモ書きが山と積まれてるのを見つけたら……と自分の身に置き換えて考えれば、一サラリーマンとしてはその職員をそう軽々しく責める気にはなれない。
40冊って、ダンボール箱3、4箱くらいで済みそうな分量だよな。記録をつけていた人たちの苦労を思うだけでも捨てられないはずなのに、なんなの。君らはそんな想像力すら欠けてしまったの。研究機関や図書館に寄贈するという知恵すら回らなくなったの。
『東京管区気象台は毎日新聞の取材に、昨年11月以降に「文書整理の一環」で廃棄していたことを明らかにした。』
近年の日本の歴史は、保存性、検索性に優れた海外の記録から検証されることが多い。一方、日本政府が古い記録を残すことにコストをかけず、どんどん廃棄していることに危惧を覚えるなあ。。。
これが、私たちの社会のレベル。情けない。失われたものは帰ってこない。
「庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」←役所は違うけど国立競技場建て替えの際にもおんなじような理由で美術作品をアッサリ廃棄処分しようとしたよな。/
役人とは何と愚かな人種なのか
行政文書でもない書類をなぜ今まで保管し、最近になってスペースがないから廃棄したとするが釈然としない
アベ自公政権に忖度して歴史的貴重な資料を廃棄処分したのか
歴史的な価値の高さを理解できない蛮人が東京管区気象台にいるらしい。
そんな蛮人が、人様に指示をしているらしい。
これこそ日本という国に対して国益を損ねる行為
全国民と先人達に謝ってほしいね。
歴史的価値の大きい日誌を何故、廃棄出来るのか、その感覚に何か大きな欠落したものを感じる。せめて、私的にでも保管しておいて欲しかった。ーーー
1000年前の日記が保存できてたのにわずか100年前の日記を保存できない国に成り下がった|
捨てるくらいなら僕がもらいたかった…
公文書管理の適正化には増員と施設設備の増資が不可欠なのにその議論を避ける与党と粗のある公文書管理法を政争の具にした野党が悪い
バカなんじゃないの?
どこの世界にも、勝手に整理してモノ捨てるオカンみたいな人間がいるんですね
分かります
戦争の現実を隠したかったの?なぜ、たんにたまたまそこにいるだけのあんたが、過去の記録を処分できると判断するのか。行政文書だから保管は不要だって?頭をつかえよ。
歴史と記録を軽んじる官僚など、自らの存在価値の否定に等しいだろう。歴史的な価値を行政文書同等に感じることが出来ないにせよ、記録の打診を他の機関に持ちかけた形跡もない事に驚き呆れる。
個人的な物なら、個人に確認をしなくてはならない。
言い訳も矛盾。
公務員が国民の奉仕者という基本を忘れている、国民財産放棄である。
ひどすぎる・・・先人の積み上げたものをゴミ扱い。
「行政文書」でない、と現場は判断したのか。でもどっちにしても戦前のものも含まれているんだから歴史資料になるような文書の扱いの取り決め(閣議決定かなんかされてるはず)に違反するだろ。そこ専門家じゃないからわかんないけどさ。

富士山測候所:日誌を廃棄-
行政文書でなくとも80年間も保存していたという事実を顧みない点にショックを覚える。現代の日本人は何かとてつもない大事なことを失失いつつあるのか。→
馬鹿なんじゃないか?そもそも捨てる前にデータ化するとか、出来ることはいくらでもあるだろうに。。。
無残。こうしてまた、歴史を直視する資料が消えた。誰かに都合のいい歴史だけ残るようになる。書き残した方々の思いはどこを彷徨う…→
保管場所がなければ電子化して、という方法だってあっただろうに…。費用は、それこそ、オトモダチの間での無駄遣いをやめれば捻出できるはず。〜
スペースに限りあるんなら電子化しなさいよ…。今は21世紀なんだぜ…
公文書は歴史文書であることを知らない公務員。
嘘だろ 承太郎。
勿体無い。
いらないならチャリティーオークションに掛けるなり、どこかの研究機関に譲るなりして本当必要な人の手に渡す事が出来たはず。
戦争の克明な記録が含まれてると安倍に不利益だから忖度して捨てたのかな
"取材に対し同課担当者は「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」と説明した。"
いや文句言うならさっさと国が引き上げとけよ
後からいろんな方面から貴重だ、貴重だ言うなら日頃から『処分対象になるのでしたら引き取りますよ』とアポを取るべき。自分達が出来た事もしてないで何故とは片腹痛い。
教えてやろう、何故か?捨てるまで誰も欲しがらない「余分な貴重品」だったから。
時間は68年もあった
図書館史・文書史・歴史・文化交流史といったものをみると、人類は最低二千年はこうした蒙昧と闘ってきたということがわかる。
だから、人類史を教える教育は必要なのだ。

【 】
東大の食堂の絵もそうだけどその価値のわからない人に何かさせてはダメだろ
と言いつつアニメのラフ描きとか設定バンバン捨ててるんだけど
お役所仕事ありえない。
これ、本当に恐ろしい。
それだけ論文引用等もあり書籍化されたもの迄あるんだから、職員の一人もその(歴史的、学問的)重要性を認識してなかった筈がない。だからこそおかしい。
人が劣化しているとしか。
これまたひでぇ話やね。貴重な記録をさ。ログ取るの好きな僕からすればなんちゅー事をやってくれたん?って感じ。40冊とか段ボール1個くらいでしょうもん。場所くらいあるやろうもんって。
せめてそのままデジタルアーカイブしてたらいいけどゴミとして処理できるだけの無知さとか羨ましい才能ですことで。
最初は「何で捨てたんだ!」と思ったけど、こういう所で働いている人は気象にしか関心がないから仕方ないのかとも思う。公文書未満の文書を廃棄する前に「これどこか要りませんか?」という掲示板が必要
とんでもないことが起きたもんだ!
コピーせず破棄は非常識だろ!
役所に一人司書がいればこんな事にはならない
呆れ果てますね。なぜ後世の方々へ残そうと発想しなかったのでしょう。発想する力が貧しいのか、「こんなもの誰も閲覧しない」と決めつけたのでしょうか。
文学部を切り捨てるのに似てるね(´;ω;`)ブワッ!
公文書を破棄する時に「この文書が欲しい」って人を公募して、準公文書として永年保管してもらったらいいんじゃないかな。
こういうものを「処分していいもの」と判断する人がいることが信じられない。絶句。
たいへん惜しいことではあるけれども、保管するスペースや費用に限りがあるのも理解できるでなぁ…… 非難する気にはなれないな。
何という事を。バカか!信じられんわ。
酷い話だ。しばらく所作不明になってたってことは恐らくは間違って捨てたことへの言い訳なんだろうけど。
あまりにも短絡的
過去から学ばない国に未来なんてこないよ
気象観測のほか、眼下の空襲など太平洋戦争も記録した貴重な資料が失われた。
なんなのこれは。→
なんでこのような資料をあっさり廃棄するという結論が出るのかまったく理解できない棄てられない人間としては・・・
廃棄するくらいならヤフオクに出せばよかったのに→
「カンテラ日誌」ってタイトルも素敵なのに何て勿体無い。国会図書館に寄贈すべき一級資料だったのでは。断捨離はある程度は良いけど宝物まで見えなくなってはいけない。
赤坂離宮が保存出来たなら鹿鳴館も遺せたと泣いた建築家もいた。
お役所仕事だとしてもこれはひどいな。本当にこの国の中枢は、学問を受験ハックだとしか認識してないような人の巣窟なんだな… →
それはそうなんだけど、なんとか別の方法はなかったのか。残念。
将来的に博物館で展示されていそうな日誌っぽいのに、すごいことをしたんやな
こういうの、本当に恐いと思う。先日も倉庫整理の際、死蔵されている書類が山のように出てきた。管理がされていない書類は、どんな宝の山でも当事者が居ないとゴミになってしまうんだろうなぁ。
なんってことだ
せめて…データ化を…というか専門家に相談をさあ…😰
「気象観測のほか、眼下の空襲など太平洋戦争も記録した貴重な資料が失われた。閲覧したことがある気象専門家らは『職員が見たまま感じたままを率直に記した第一級の歴史資料だった。機械的に捨てるなんて』と批判」
中国などは、現王朝の正当性を証明するとばかりに、古代から正史を必ず書き残してきた。欧米先進国でも、公文書保管は当たり前、そして正しい歴史の証言として然るべき時に全て公開している。

に対してわが美しい国は、公文書は改竄するわ、貴重な資料は全て破棄するわ、😭
こんな公務員は懲戒免職でしょ?
そういう意識が公務員になさ過ぎる。
捨てたら二度とお目にかかれない。
歴史の改竄どころか、歴史の隠蔽!
・・・で、もう灰になっちゃったの?
PDFにもしてないのかな?
え・・・気象台が捨てたのかよ。
後世に残る記録だって一番理解しているところだと思っていたのに。
電子化した上でならまだマシなんだけど。
想像力の欠如。悪い公務員の例。
ものの価値が分からない杓子定規が服着てるような人がやったとしか。
1945年7月30日【被弾】
8時3分、2機が観測所(=測候所)に110発の銃撃。総員15人のうち軽傷3人とは奇跡。軍の施設とでも思ったのか、敵兵のきまぐれか。
などなど…
日本は「もったいない」の文化なのに何なのかねえ>
オウム幹部に文学歴史出身者がいなかったっていう話を思いだした
なんの資料がどう関係するかっていう発想すら湧かないんだろうな
東日本大震災で昔の津波の資料が正しかったんだとあれだけやってたのに
廃棄された資料はもう戻らない。。。再発を防ぐためにも経緯を明らかにしてほしい。「寄贈」という選択肢はなかったのか、部署の誰からも発言がなかったのか、なぜ研究者に相談しなかったのか、そもそも研究者に相談するという選択肢はあったのか。
糞ジジイ、おっさん世代の共通点が見えてきた。

団塊になってハイハイやってたらバブルでいい思い出来て、

中身空っぽ。

ゆとり世代より相当たち悪い。
馬鹿じゃないの?
馬鹿じゃないの?(二度目)
これ気になってたけど本当に廃棄してたんだ…。なんて取り返しのつかないことを。信じられない。
富士山測候所 日誌を廃棄  気象庁富士山測候所の職員が68年間つづった40冊以上の「カンテラ日誌」が所在不明になっていた問題で、同測候所を管轄した東京管区気象台は毎日新聞の取材に、昨年11月以降に「文書整理の一環」で廃棄していた…
ジョージ・オーウェルの『1984年』のように歴史が改竄、更新されていくようになるまであと少しか?/
ひええええもったいない…!!場所がないから今はメディアにに残すようになったんじゃないか!なんのための技術向上よ!廃棄せんとどこかにゆずったれよ!!
総理に常識がなければ、下っ端も。ドンドン腐る日本の役所。
「文書管理規程に則って判断してるんだろうし一概に批判するのもなあ」と半ば同情的だったんだけど、「日誌は一部が一般書籍や気象庁発行の冊子、研究論文などに引用されている」の一文で感想が変わった。
何で破棄してしまうのだろう?公文書の保存期間だけで判断できない貴重な資料なのに。
先人にどう謝罪するんだろう
この国の劣化具合が良く分かる例。
でもこれは氷山の一角よ。
これどっかの古本屋で見つかれへんかなと夢想。それは犯罪かもしれんけど歴史の抹殺という犯罪に比べたら微罪やろ。sinとcrimeの違いや。
這麼珍貴的一手史料送去回收打成紙漿?(翻桌)
捨てなければならない何が書かれてあったの?
これ事実上の焚書じゃないか、その理由が「公的資料じゃない、一個人の所感だから」って。こんな風に歴史から消された史料って多いんだろうなあ。
もったいない…
勿体ない。歴史から防災を知って伝えなければいけない官庁が自らの歴史を消してしまうとは。
・・・まぁ富士山測候所を潰してる地点でデータを軽視して自ら蓄積した歴史とかを消してるんだろうけどね。
スキャンしてデジタルデータ化はしてなかったのかな?断捨離で現物廃棄して後から後悔するパターン。:
廃棄した者の神経を疑う
これなあ、「貴重な資料なのになんてことを!」と怒る人は多いだろうし、事実とんでもないことなんだけど、アーカイブの重要さを主張する人に比べ、アーカイブを実践する人が少なすぎることも問題なんだよな…
たった40冊の冊子を保管しておく場所が無いわけないだろ。もはや犯罪レベルだな(>_<) —- 犯す
毎日 なんだろうこういう感覚…CD買った翌日「HDに落としたからもう要りません」って持ってこられた時に似てる。ソフトリリースを「フィジカル」と呼ぶの懐疑的だったがやはりもうそう呼ばねばならない状態なのか。 -
マジで!!!???太平洋戦争の記述が有る無しに関わらずかなり貴重な史料ではないのか!!??廃棄せずに文書館という選択肢すら浮かばなかったということなの!!!???
★ (毎日新聞)

"同課担当者は「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」"
Theお役所仕事。
これって、半年くらい前?に新聞記事見たことあるなあ、、
デジャブかな(^^;;

廃棄理由が「保管場所に限りがある(概略)」って、それが本当ならいかにも狭小日本的事情。>
資料の保存って金がかかるんだよなぁ。 /
目の前が真っ暗になる。保存場所がないというなら、どうして国会図書館などに寄贈してくれなかったのだろう…。
一次資料という概念はないのか…
わけわかんない
どうしてこういう価値あるものを破棄できるんだろう?
しかも先の大戦に関する資料でもあるのに
え?は?捨てちゃダメなものをサッサと捨てる頭おかしい人たち…。

文書管理、文書管理とメディアが騒いだ結果だね。
お得意の雨樋を使って 人と同じように流してはいかが?そう簡単にはいかない?給料には含まれてない?ねえどうなの?
「 - 毎日新聞」

何かのプレッシャーがあったのかな?
それが気になります。
博物館や図書館に寄贈してくれたらよかったのになあ。
どうしてこうなっちゃうのか… 真剣に考えないと
この問題、結局どうあがいても絶望なんだよね。公文書じゃないから、維持費をかけてまで保管する義理は無いし、かと言って個人情報の関係でどこかに寄贈も出来ないし。
せめてデジタル化しよう、ぐらいの考えがなぜ浮かばないのかな>
廃棄されたことそのものよりも、釈明にある「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。」という考え方におののくわ。/
廃棄せねばならないような記録があったんじゃないかと、深読みしてしまう。
この時代にデジタルでバックアップ取ってなかったのか。
朝から頭にくる😡》
公式に保管しなくなっただけで実際には残っていると思っていたけど…ホントに溶解しちゃったのか。
残念。
"同気象台総務課によると、日誌は昨年11月までは倉庫にあったが、他の行政文書と一緒に溶解処分したという。" /
むしろ戦時中の素直な感想が書かれていたからムキになって捨てた左巻きが居たんじゃないかと陰謀論
上丸洋一氏@jomaruyan一部

戦前戦後を通じ68年間、富士山頂にある測候所職員が書き継いできた40冊以上の日誌

東京管区気象台が昨秋、廃棄していた。

絶句。血のにじむような日誌をあっさり捨てるとは。

長老@tim1134RT@iwakamiyasumi
日本の役人は狂人の集まりであるとしか言いようがない。
役人のコントロール下におかれた日本の大学は気の毒としか
国立国会図書館に寄贈するなり、全ページデータ化するなり出来ただろうに…
またすごい貴重な資料を処分したもんだ。何をどう考えればそんなことができるのか理解できない。
博物館モノの貴重資料を「行政文書に当たらない」と捨ててしまうとは……、愚行としか言えない。保管スペースの問題ではなく、気象台にすら、この資料の価値を見極められる人がいなかった、という問題。
モノの価値が分からない国、日本。だめじゃん。
価値が分からないのはまだしも、いきなり廃棄ってのはさぁ・・・。
おはようございます。
朝から言葉にならない記事。
やりきれない。
せめてこの記事に残った言葉を記憶に残しておく。
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」
意味が取り違えられていたという言葉を読みましたが、どちらにしろ失敗から学ぼうてことなのではビスマルク的には
「行政文書に当たらない。庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」
…せめてデータ化する、くらいの想像力(というかもう常識)ないの?
日本の衰退具合が透けて見える話。
将来の日本のために公文書は全てデジタル化して、一定期間経過したら公開されるよう法整備すべき。
悲しい。本当に悲しい。
気象庁に勤めながら、この価値のわからない人。。
とても残念。
なぜそうなるのか?原因を明らかにしてほしい
これこそ「もったいない」貴重な資料なのに。ここで期待したいのは「一職員が溶解処分したことにして、個人的に保管してた」とか・・・無いか(笑)
デジタル化する、と言う手段はあったかと。
頭ワル…自ら存在意義を消してどーするよ!?
こんな未来永劫にわたって我が国に伝えられていくはずだった偉大な記録を、ただ「行政文書ではない」という理由だけで安易に廃棄を決定した大馬鹿者は、貴様の人間としての価値を全て無意味に帰した最悪の愚行の記憶とともに精々残り少ない人生を生きていけと本気で思う。
歴史的記録の損失です。この内容だけでも映画できますよ。||
えっスキャンもしてなかったの?>

記事本文: 富士山測候所:日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊 - 毎日新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース