TOP > エンタメ > 電ファミ記事置き場

電ファミ記事置き場 記事一覧

63コメント 2018-04-13 11:51 - news.denfaminicogamer.jp

じいちゃん、ばあちゃんたちが真剣な顔でマウスを握りしめているこの画像を見ていただきたい。調べてみると、この方々の名前は「Silver Snipers」。スウェーデンで活動する『Counter-Strike: Global Offensive』(以下、『CS:GO』)のeスポーツチームで、構成メンバーの平均年齢は67歳だという。FPSという反射神経がシビア...[続きを読む

79コメント 2018-04-05 11:36 - news.denfaminicogamer.jp

1980~1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり~ゲームクリエイターの青春~』。第9回は、1995年にセガ(現セガ・ゲームス)からリリースされたアーケードゲーム『電脳戦機バーチャロン』の生みの親・亙 重郎さん...[続きを読む

63コメント 2018-03-23 12:36 - news.denfaminicogamer.jp

2015年、女性向けゲーム市場に大きな転機が起こりました。ブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』(以下、『刀剣乱舞』)のサービス開始です!『刀剣乱舞』は擬人化された刀である“刀剣男士”を育成するゲーム。歴史という過去を背負って戦う刀剣男士の生き様に女性たちは魅了され、配信されると瞬く間に大人気に...[続きを読む

83コメント 2018-03-13 11:40 - news.denfaminicogamer.jp

2018年1月より放送開始されているアニメ『ポプテピピック』の中に登場するゲームパートでのドット絵表現が話題になっている。「回転機能を使わずにナナメ45度のキャラもしっかり描いている」、「色数制限にこだわってレトロゲーム風グラフィックを再現している」といった声が、いわゆるドット絵警察と呼ばれるネット上のマニアを中心に絶賛され...[続きを読む

58コメント 2018-03-01 11:38 - news.denfaminicogamer.jp

1980~1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり~ゲームクリエイターの青春~』。第8回は、1991年にガイナックスから発売されたPCゲーム『プリンセスメーカー 』の生みの親・赤井孝美...[続きを読む

57コメント 2018-02-23 11:50 - news.denfaminicogamer.jp

タレント、女優、そしてモデルとして幅広く活躍中している最上もがには、知られざるもうひとつの顔がある。彼女は「2垢2PCで12キャラを操るアークビショップ」なのだ。と言われても多くの読者は「??」と戸惑うばかりだと思うので、順を追って説明していこう。最上さんは女性アイドルグループ「でんぱ組.inc」(以下、でんぱ組)の元メンバ...[続きを読む

74コメント 2018-02-15 14:53 - news.denfaminicogamer.jp

宮崎駿作品をはじめとする、数々の名作アニメを生み出してきたスタジオジブリ。その語源であるイタリア語“GHIBLI”と同じ由来によって名付けられた雑誌がある。そのスタジオジブリによって2003年に創刊され、現在も刊行を続けている月刊誌「熱風(GHIBLI)」だ。この「熱風」は、スタジオジブリ関連書コーナーを常設している書店での店頭配布と、定期購読によってのみ入手可...[続きを読む

73コメント 2018-02-09 16:01 - news.denfaminicogamer.jp

2月10日・11日に幕張メッセで開催されるゲームの祭典「闘会議2018」に合わせて、電ファミニコゲーマーでは3本の記事を企画している。テーマはいずれもeスポーツ。国内で初めてeスポーツのプロライセンスが発行されるからだ。複数のeスポーツ団体が統合して新設された一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)によるプロゲーマーの定義やプロライセンスの発行については賛否両論があり、いまな...[続きを読む

58コメント 2018-02-02 11:48 - news.denfaminicogamer.jp

「JRPG」という言葉を海外のゲーム関係者が口にするようになってから、すでにそれなりの年月が経過している。にも関わらず、いったい何を指してJRPGと呼ぶのかは、今ひとつ釈然としない。一本道のストーリー展開なのか、ターン制バトルに代表されるクラシックなゲームシステムなのか、それともアニメタッチのキャラクタービジュアルを指しているのか……。いずれにしてもJ...[続きを読む

123コメント 2018-01-15 16:46 - news.denfaminicogamer.jp

今回から、電ファミニコゲーマーで連載を始める。題材は「なぜ日本のゲームメーカーは世界で戦えなくなったのか」。『ゼルダ』がGotY(Game of the Year)を取り、『ペルソナ』や「ダークソウル」が昨今高い評価を得ているなかで、煽り過ぎかもしれないが、業界全体を俯瞰して見た場合に、この状況に変わりはないと思うので、あえてこの題材にしてみた。このテ...[続きを読む

50コメント 2018-01-02 12:02 - news.denfaminicogamer.jp

1980~1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり~ゲームクリエイターの青春~』。第7回は、新春特別回として、2017年で生誕10周年を迎えたバーチャル・シンガー『初音ミク』の生みの親・佐々木 渉さんをゲス...[続きを読む

76コメント 2017-12-30 12:07 - news.denfaminicogamer.jp

もし私たちが、本当に大好きな物語の中に入り込めたら。あるいはこの世界がゲームのように波乱万丈な物語になったら……そんな「夢」をあなたも抱いたことはないだろうか?実際、デジタルゲームのテクノロジー動向は、それこそ2D、3D、VR……と、常にそんな「夢」を実現する方に進んできたともいえる。その先にあるのは、たとえば水口...[続きを読む

55コメント 2017-12-22 19:28 - news.denfaminicogamer.jp

年の瀬も迫りつつある2017年の12月15日、老舗の美少女ゲームブランドHARDが公式Twitterアカウントを取得し、そこで解説書に収録される形で「はっちゃけあやよさん」シリーズ全作が再販されることが発表された。HARDとは、1990年前後に活動していた有限会社ハードの、成人向け美少女ゲームのブランド。『はっちゃけあやよさん』はそのHARDがリリースした、い...[続きを読む

53コメント 2017-12-12 13:14 - news.denfaminicogamer.jp

対戦格闘ゲームはどのタイトルから始まったか──この問いに対し、多くのゲーマーはこう答えるはずだ──「1991年の『ストリートファイターII』から」と。その後、現在に至るまで脈々と続いていくことになる格闘ゲームは、その基本的なフォーマットを、始祖である『ストII』の時点でほぼ完成させていた。『ストII』は、その...[続きを読む

63コメント 2017-11-30 11:54 - news.denfaminicogamer.jp

「カービィ」シリーズや「スマブラ」シリーズをはじめ、数々の作品を手がけるゲームクリエイター・桜井政博氏は、国内外問わずゲーム開発者向けに講演を行なっている。そのテーマは……「ゲーム性について」。この講演は、「1つでも多く、ユーザーに愛されるゲームが生まれて欲しい」という想いから、自身のゲームデザインのノウハウを惜...[続きを読む

53コメント 2017-11-30 11:46 - news.denfaminicogamer.jp

1980~1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり~ゲームクリエイターの青春~』。第6回は、1992年4月27日にゲームボーイ用ソフトとして登場し、2017年に25周年を迎えた『星のカービィ』の生みの親・...[続きを読む

442コメント 2017-11-01 12:02 - news.denfaminicogamer.jp

『アズールレーン』――ここ最近よく耳にするスマホゲームの名だ。本作は中国のManjuu Co.ltdとYongshi Co.ltdが開発を行い、ビリビリ動画で配信。プレイヤーは指揮官となり、擬人化された艦船キャラクターを育成し、艦隊を作り上げ、シューティングゲーム形式でバトルを繰り広げる。そんな『アズールレーン』が日本で話題だ。日本サー...[続きを読む


画像で見る主要ニュース