TOP > エンタメ > 電ファミ記事置き場

電ファミ記事置き場 記事一覧

51コメント 2017-07-03 12:11 - news.denfaminicogamer.jp

だが、取材を進めながら、ずっと気になっていたこともある。  それは、彼ら“伝説のクリエイター”達が暴れ回っていた頃の年齢に当たるくらいの、「今」を生きる若きクリエイターの姿が、よく見えないことだ。この2017年現在、ゲームで人々をアツくさせる夢を見て、現場で毎日汗を流している若きゲームクリエイター達は、今どこにいて、...[続きを読む

101コメント 2017-06-30 11:47 - news.denfaminicogamer.jp

第2話のあらすじ 1980~1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり~ゲームクリエイターの青春~』。第二回は『アクアノートの休日』を手掛けた飯田和敏さんをゲストにお迎えしました。このPS初期の名作は、どんな思想で生まれたのか。そして...[続きを読む

163コメント 2017-06-23 12:14 - news.denfaminicogamer.jp

企業が広報活動をするとき、いまやTwitterなどSNSによる発信は有効とされる手段のひとつ。だが、コンプライアンスやリスクヘッジを考えると、なかなか企業としては踏み込めない領域があり、得てしてそのツイートも無味乾燥なアナウンスになりがちだ。  その一方で、タニタやシャープなど、その語りの大らかさが話題になる企...[続きを読む

60コメント 2017-06-01 20:40 - news.denfaminicogamer.jp

2017年で30周年を迎える「ファイナルファンタジー」シリーズ。その初の実写化となったTVドラマ『FFXIV 光のお父さん』(以下、『光のお父さん』)が2017年5月末に最終話を迎えた。  そこで今回、電ファミニコゲーマーは、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターと、『光のお父さん』原作者のマイディー氏による対談をお届けする。 ……と言っても、こ...[続きを読む

179コメント 2017-05-31 11:38 - news.denfaminicogamer.jp

1980~1990年代、ゲーム業界は「青春期」だった。そんな時代に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出をたずねたい──そんな想いから企画されたレポートマンガ、それが『若ゲのいたり~ゲームクリエイターの青春~』です。  近著『うつヌケ』、『ペンと箸』に続くレポートマンガ第3弾として本作を手掛けるのは、自身がゲーム...[続きを読む

60コメント 2017-05-17 14:54 - news.denfaminicogamer.jp

(画像は第2期 電王戦の公式サイトより) 今週土曜、「佐藤天彦叡王 vs Ponanza」の対局をもって、様々な名勝負を生み出してきた「電王戦」の歴史が遂に終わりを告げる。 第一回電王戦で、米長永世名人と将棋ソフト「ボンクラーズ」が対局したのは、2012年の1月。開始当時を思い返せば、そもそも棋士とAIが公開の場で戦う行為...[続きを読む

98コメント 2017-05-12 14:02 - news.denfaminicogamer.jp

AI開発の課題――1.身体性──さて、一気にAI開発の最先端まで駆け抜けてきたのですが、現代のAIで課題になっているのは、どういうポイントになるのでしょうか? 三宅氏:  まず一つは、「身体」ですね。現時点のAIは、身体の認識が全く出来ていません。「例えば、「走る」という動作がありますよね。人間であれば、走る行為の中に情報の受信も...[続きを読む

479コメント 2017-05-12 13:21 - news.denfaminicogamer.jp

昨年、ゲームの企画書で『バーチャファイター』などの開発者・鈴木裕氏にインタビューした際、最後にこんな言葉を投げかけられた。掃除のおばちゃんにプレイさせて『バーチャファイター』開発。時代を先取りした鈴木裕のゲーム開発哲学 【鈴木裕氏×『鉄拳』原田勝弘氏】鈴木裕氏:  ただ、そうね……僕は全盛期に世界のトップシェアを取っていた日本が、...[続きを読む

109コメント 2017-05-01 11:40 - news.denfaminicogamer.jp

「人類がスターチャイルドに進化してしまった」 深夜の電ファミニコゲーマー編集部の社内チャットに、そんな“どうかしている”書き込みが行われたのは、2016年末のPS VR発売直後の、とある夜のことだった。本記事は、いわばそんな編集部の異様な興奮のまま昨年末に勢いで行われた、VRコンテンツ『Rez Infinite』についての7時間にわたる...[続きを読む

92コメント 2017-04-20 22:20 - news.denfaminicogamer.jp

1 2 3 4 5  鳥山明の名作漫画『Dr.スランプ』に、則巻千兵衛博士のライバルとしてアラレたちに立ちはだかるDr.マシリトなるキャラがいたのを皆さんは、覚えているだろうか。 このキャラのモデルになった人物こそが、今回インタビューする白泉社代表取締役社長・鳥嶋和彦氏にほかならない。  彼の編集者人生は数々の伝説に彩られている。新人賞にかすりもしなかっ...[続きを読む

56コメント 2017-04-18 17:14 - news.denfaminicogamer.jp

3月3日に発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下、『BotW』)の評判は、ひと月以上経ったいまでもあちこちで語られ、『ゼルダ』をオープンワールドゲームとして見事に昇華させた作品だという賛辞が止まないでいる。 一方、発売日にニンテンドースイッチを購入し、『ゼルダ』にワーッとのめり込んだプレイヤーには、おそらく従来からの『ゼルダ』ファンや任天堂フ...[続きを読む

51コメント 2017-04-14 13:05 - news.denfaminicogamer.jp

1 2  昨夏にリリースされるやいなや世界中で人気を集め、国境を越えて大流行した『Pokémon GO』(以下、『ポケモンGO』)。 多くの国で人々をとりこにしたこのアプリだが、世界にはさまざまな文化があるようで、ムスリム圏では「偶像崇拝を助長する」「戒律に反する」といった理由で『ポケモンGO』が禁止されたという報道も。遠い異国の...[続きを読む

93コメント 2017-04-10 11:07 - news.denfaminicogamer.jp

1 2  「あの体験をして経験値が上がったよ」なんて友だちと話をしたことはないだろうか? ゲーム世代の僕らはあまりにも当たり前に使っている言葉だが、じつはこの「経験値」の使いかたの発祥はビデオゲームで、その歴史はそれほど古いものではない。この記事では、意外と知られていないこの関係について調べていきたい。 調査員となるのは、タイニーPというお方。昭和のパソコンPC-6601に、ボーカロイドのように初...[続きを読む

170コメント 2017-04-05 16:46 - news.denfaminicogamer.jp

1 2  本稿の執筆者、エンタースフィア代表・岡本基氏が元々任天堂のスタッフであったことは、古くからのネットユーザーには知る人も多いかもしれない。  さて、そんな氏に今回寄稿をお願いしたのは、ゼルダ新作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がらみのTwitter発言に編集部が興味を持ったのがキッカケ。さっそくプレイ記事の寄稿を...[続きを読む

66コメント 2017-04-04 16:49 - news.denfaminicogamer.jp

2016年12月、森岡毅氏のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)退職のニュースは新聞各紙で報じられた。 ・USJ森岡執行役員退任へ ハリポタ手がけ回復の立役者:朝日新聞デジタル 彼の在籍した6年半で、USJは入場者数が倍増。ある月には、3倍の商圏人口を陣取る東京ディズニーランドを上回る集客があったという。  この期間、USJはいくつもの革新的な企画を打ち出し...[続きを読む

53コメント 2017-04-03 09:28 - news.denfaminicogamer.jp

国内の興行収入が247億円を突破し、海外でも「世界で最も稼いだ日本映画」になるなど、記録を次々と塗り替えている劇場アニメ『君の名は。』。突き抜けるような空のタッチが印象的な『君の名は。』のキービジュアル。 (画像は「君の名は。」特報2より)  だが、その新海誠監督は、元はといえばゲームソフトを開発・販売する日本ファルコム【※】に勤務し...[続きを読む

73コメント 2017-03-31 09:26 - news.denfaminicogamer.jp

1 2 3  小説投稿サイトであるアルカディアで生まれ、確固たるファンを掴んでKADOKAWAから書籍化された小説『幼女戦記』【※】。(画像はアニメ版『幼女戦記』の公式サイトより) ※『幼女戦記』 カルロ氏原作のライトノベル、オンライン小説。2011年から日本の小説投稿サイト「Arcadia」にて連載された。サウンドドラ...[続きを読む

67コメント 2017-03-30 11:42 - news.denfaminicogamer.jp

相当な盛り上がりでしたなあ、『けものフレンズ』。 原作であるスマホゲームがサービスを終了したにもかかわらず、終了直後から放送されたユルいアニメがじわじわ浸透。「見るとIQが下がる」と脱力する人々が続出した一方で、「実は、人類が滅亡した後の世界なのでは!?」などの深読みもできて、自由に楽しめるコンテンツだったのだ(アニメ...[続きを読む

82コメント 2017-03-28 17:17 - news.denfaminicogamer.jp

1 2  ゲームの歴史の中で「ストーリー」をどう扱うかは、いつも問題になってきた。  プログラムで記述されたキャラに生命を与えてくれる一方、小説や映画のように作り込むと「一本道」として批難される。プレイヤーの入力に反応を返すデジタルゲームの表現で、実は大変な難しさがあるのだ。 この問題を実作で考えてきたクリエイターが、今回対談するイシイジロウ氏と芝村...[続きを読む

55コメント 2017-03-25 18:15 - news.denfaminicogamer.jp

電ファミで取り上げた記事のうち、直近1週間でもっとも話題となったゲームニュースを、ランキング形式でお届けしよう。TwitterとFacebookでそれぞれ人気だった記事のベスト20をリストアップし、気になる話題については、電ファミニコゲーマー編集長のTAITAIが解説していく。  各記事は電ファミ上にピックアップされてから24時間後の...[続きを読む


画像で見る主要ニュース