TOP > 科学・学問 > 新着順

科学・学問:新着順

50コメント 2017-02-23 07:09 - news.livedoor.com

これまでもさまざまな生命の存在が可能な惑星「ハビタブル惑星」が発見されてきましたが、今回はさらなる快挙です。NASAは2月22日、地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。 この赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する系外惑星のうち、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」に相当。地球外生命体の存在の調査が期待されます。  今回...[続きを読む

733コメント 2017-02-23 06:24 - sorae.jp

これまでもさまざまな生命の存在が可能な惑星「ハビタブル惑星」が発見されてきましたが、今回はさらなる快挙です。NASAは2月22日、地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。 この赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する系外惑星のうち、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」に相当。地球外生命体の存在...[続きを読む

830コメント 2017-02-23 05:23 - www3.nhk.or.jp

太陽系からおよそ40光年離れた宇宙に、地球と似た大きさの惑星が7つあると、欧米の研究者などで作る国際共同研究チームが発表し、水が存在するのかなど、地球のように生命を育むことができる惑星なのか見極めるための研究が本格化すると期待されています。 この研究はベルギーやアメリカ、それにアフリカなどの研究者で作る国際共同研究チームがイギリスの科学雑誌、ネイチャーの電子版に23日、発表したものです。それによ...[続きを読む

1333コメント 2017-02-23 03:05 - www.nikkei.com

地表に海が存在する惑星の想像図(NASA・カリフォルニア工科大提供) みずがめ座の方角に39光年離れた恒星「トラピスト1」の周りに、大きさが地球の0.76~1.13倍の惑星7つが見つかった。1つの恒星系で7つも見つかるのは珍しい。このうち6つは地球に似た質量で、岩石でできているとみられる。赤外線をとらえるNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡などで観測した。 少なくとも3つの惑星は地表に水が液体のまま...[続きを読む

120コメント 2017-02-22 15:50 - news.livedoor.com

NASAが「太陽系外惑星に関する新しい重要な発見」について、2月22日午後1時(日本時間23日午前3時)から会見を実施すると発表しました。リリース文によると、この会見は太陽以外の恒星を周回する惑星に関する重要な情報を明らかにするという内容。太陽系外惑星と聞いてまず想像するのが、生命が存在する可能性。近年の観測技術の発達は、恒星のように光を発しない惑星の発見を可能とし、なかには地球同様に岩石質で構...[続きを読む

288コメント 2017-02-22 15:13 - nlab.itmedia.co.jp

米航空宇宙局(NASA)が、太陽系外惑星に関する新発見があるとして、その発表を日本時間で2月23日午前3時に行うことを明らかにしました。 発表内容は「太陽系外惑星として知られる、われわれの太陽以外で軌道をとっている惑星に関する新発見」とだけ紹介されており、詳細については不明。23日未明から「NASA TV」などで、ベルギーの天文学者であるMichael Gillon氏、ハッブル宇宙望遠鏡の運営で知...[続きを読む

52コメント 2017-02-22 11:46 - sorae.jp

2006年に発表された国際天文学連合(IAU)の定義により、準惑星に格下げとなった「冥王星」。当時はその変更に驚いた人も多いでしょう。しかしNASAの科学者が新たに発表した定義によれば、冥王星や地球の月までもが惑星へと含まれることになります。 NASAのAlan Stern氏と彼のチームが発表したこの新定義では、惑星と恒星(太陽)の関係よりも物質的な構...[続きを読む

61コメント 2017-02-21 16:26 - www.kahoku.co.jp

学習発表で「MEISEI若返り体操」を披露する生徒ら 仙台市内の高校で唯一の福祉系学科がある明成高(青葉区)が「きつい、汚い、給料が安い」の3Kと言われる介護職場のイメージを払拭(ふっしょく)しようと力を入れている。18日には市民も参加した「ケア研究会」の会合を開き、介護職場の魅力を伝えた。 研究会は、同校介護福祉科の生徒と教諭が昨年3月に発足させた。「感謝、感動、可能性」の新しい3Kを若い世代...[続きを読む


画像で見る主要ニュース